スマートフォン版はこちらをクリックしてください


髙田 雄三

髙田 雄三(たかだ ゆうぞう) 准教授・理学博士

主な研究と活動

生活習慣病の一つである痛風や高尿酸血症は年々増加傾向にあり、その原因としては、プリン体の過剰摂取や飲酒量の増加など、食生活という環境因子によるところが大きいといわれています。この痛風や高尿酸血症の病態解析を目的とし、分子生体機能学的観点から研究を行っております。その成果として、尿酸排泄トランスポーター遺伝子の変異が素因であることを見出し、日本人の約半数が尿酸排泄機能低下型であることを明らかにしました。また新たな病型分類の提唱したことで、素因と病態の因果関係も明らかになりつつあり、診断・治療のみならず予防に対しても多くの成果をあげております。一方、低尿酸血症は、短距離走などの無酸素運動をきっかけに運動後急性腎不全を引き起こすことがあります。この病態についても幾つかの遺伝子変異が原因の一つになっていることを突き止めています。これら生活習慣病、特に尿酸に関する成果は、高齢化する日本において生活の質の向上を目的とした人々に多くの恩恵を与えてくれると考えています。また、柔道整復学の進歩においても少なからず良い影響をあたえる可能性があります。

  • 髙田 雄三
専門分野
解剖学、分子生体機能学、分子生態学、法医学
学位
2009年8月 理学博士(東邦大第113号)
卒業年月
1991年3月 東京理科大学理学部物理学科
2008年3月 東邦大学大学院理学研究科博士後期課程生物学専攻
学歴・経歴
1996年4月 防衛医科大学校 法医学講座 助手
2007年4月 防衛医科大学校 法医学講座 助教
2010年6月 防衛医科大学校 共同利用研究施設 助教
2015年4月 帝京科学大学 医療科学部 東京柔道整復学科 准教授
主な論文
  1. 高田雄三: 病理検査におけるDNA鑑定を応用したコンタミネーション同定法. 検査と技術 43, p.630-635, 2015
  2. Matsuo Hirotaka, Tamamoto Ken, Takada Yuzo, et al: Genome-wide association study of clinically defined gout identifies multiple risk loci and its association with clinical subtypes. Annals of the Rheumatic Diseases doi:10.1136/annrheumdis-2014-206191, 2015
  3. Takada Yuzo, Matsuo Hirotaka, Nakayama Akiyoshi, et al: Common Variant of PDZK1, Adaptor Protein Gene of Urate Transporters, Is Not Associated with Gout. The Journal of Rheumatology 41, 2330-2331, 2014
  4. Matsuo Hirotaka, Takada Tappei, Takada Yuzo, et al: ABCG2 dysfunction increases the risk of renal overload hyperuricemia. Nucleosides Nucleotides and Nucleic Acids 33, 266-274, 2014
  5. 高田雄三: アライグマにおけるMHC DQB遺伝子領域の解析. DNA多型 22, 38-41, 2014
  6. 高田雄三, 松尾洋孝, 中山昌喜, 他: 痛風・高尿酸血症のリスク評価のための迅速遺伝子検査. DNA多型 22, 151-154, 2014
  7. Nakayama Akiyoshi, Matsuo Hirotaka, Takada Yuzo, et al: Common dysfunctional variants of ABCG2 have stronger impact on hyperuricemia progression than typical environmental risk factors. Scientific Reports 4, 5227, 2014
  8. Saikiyama Masayuki, Matsuo Hirotaka, Takada Yuzo, et al: Ethnic Differences in ATP-binding Cassette Transporter, Sub-Family G, Member 2 (ABCG2/BCRP): Genotype Combinations and Estimated Functions. Drug Metabolism and Pharmacokinetics 29, 490-492, 2014
  9. Matsuo Hirotaka, Nakayama Akiyoshi, Takada Yuzo, et al: ABCG2 dysfunction causes hyperuricemia due to both renal urate underexcretion and renal urate overload. Scientific Reports 4: 3755. doi: 10.1038/srep03755, 2014
  10. Takada Yuzo, Matsuo Hirotaka, Sakiyama Masaki, et al: ABCG2 SNP typing by HRM method; an effective method for gout/hyperuricemia risk evaluation. Journal of Clinical Welfare 10, 64-69, 2013
  11. Takada Yuzo, Suzuki Seikan, Uchino Shigeo, et al: Medical accident during heart disease rehabilitation: an autopsy case report. Journal of Clinical Welfare 10, 44-49, 2013
  12. Nakayama Akiyossi, Matsuo Hirotaka, Takada Yuzo, et al: Common variants of a urate-associated gene LRP2 are not associated with gout susceptibility. Manuscript for Rheumatology International 34, 473-476, 2013
  13. Sakiyama Masayuki, Matsuo Hirotaka, Takada Yuzo, et al: A common variant of leucine-rich repeat containing 16A (LRRC16A) gene is associated with gout susceptibility. Human Cell 27, 1-4, 2013
  14. Nakayama Akiyossi, Matsuo Hirotaka, Takada Yuzo, et al: A common missense variant of monocarboxylate transporter 9 (MCT9/SLC16A9) gene is associated with renal overload gout, but not with all gout susceptibility. Human Cell 26, 133-136, 2013
  15. Matsuo Hirotaka, Ichida Kimiyoshi, Takada Yuzo, et al: Common dysfunctional variants in ABCG2 are a major cause of early-onset gout. Scientific Reports 3: 2014. doi: 10.1038/srep02014, 2013
  16. 高田雄三, 松尾洋孝, 中山昌喜, 他: 全自動SNPタイピング装置を利用した痛風の遺伝子タイピング. DNA多型 21, 256-260, 2013
  17. 高田雄三, 松村耕治, 松尾洋孝, 他: High Resolution Melting法によるABCG2遺伝子のSNPタイピング. DNA多型 20, 286-290, 2012
  18. Ichida Kimiyoshi, Matsuo Hirotaka, Takada Yuzo, et al: Decreased extra-renal urate excretion is a common cause of hyperuricemia. Nature Communications 3: 764. doi: 10.1038/ncomms1756, 2012
  19. Matsuo Hirotaka, Takada Tappei, Takada Yuzo, et al: Identification of ABCG2 Dysfunction as a Major Factor Contributing to Gout. Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids 30, 1098-1104, 2011
  20. 高田雄三, 松尾洋孝. 痛風・高尿酸血症の原因遺伝子(ABCG2). Medical Technology 39, 884-886, 2011
  21. Hamajima Nobuyuki, Okada Rieko, Takada Yuzo, et al: Significant association of serum uric acid levels with SLC2A9 rs11722228 among a Japanese population. Molecular Genetics and Metabolism 103, 378-382, 2011
  22. 高田雄三: 九州地方で検出されたアライグマの母系タイプ. DNA多型 19, p.50-53, 2011
  23. 高田雄三, 村山学子, 及川雄二, 他: 福井県で捕獲されたアライグマの母系解析. DNA多型 18, 62-65, 2010
所属学会等
生物試料分析学会(評議員)
日本痛風核酸代謝学会
トランスポーター研究会
日本人類遺伝学会
日本組織適合性学会
日本DNA多型学会
日本分子生物学会
日本臨床衛生検査技師会


このページの先頭へ戻る