スマートフォン版はこちらをクリックしてください


鳥山 実

鳥山 実(とりやま みのる) 助教・修士(保健学)・理学療法士

主な研究と活動

 理学療法士は障害を持つ方々が社会や家庭へ復帰するためのお手伝いを行います。理学療法士は専門職としてヒトの機能改善を図りますが、運動器疾患では特に重力を如何に制御するか、あるいは各関節の動きを如何に正常に近づけられるかが課題となってきます。この重力をコントロールするために何が必要か?重力下での関節の異常な動きの原因は何か?を突き止めるために、三次元動作解析装置を使用して研究を行っています。
 また、近年では高齢化に伴って増加傾向にある、内部障害に対する理学療法も注目されています。内部障害を抱えている方々は一見して問題がないように見えるため、障害が理解されにくいという現状があります。さらに内部障害により、長期の安静や臥床を余儀なくされ、その結果、全身の機能低下が生じることもあります。理学療法士としてはその悪循環を断ち切り、日常生活活動を活発化させる役割を担います。見えづらい内部障害を見抜くための「目」やを学べるような教育を実践できるように考えています。

  • 準備中
キーワード
三次元動作解析、関節運動、姿勢制御
専門分野
内部障害系理学療法、呼吸生理、バイオメカニクス
主な研究対象

膝前十字靱帯損傷、変形性性膝関節症

主な研究課題
日常生活時およびスポーツ動作時における膝関節運動の三次元解析と新たな治療戦略の開発
担当科目
運動学実習、理学療法評価学実習、脳血管障害の理学療法、内部障害の理学療法
研究室番号
1501
学位
修士(保健学)
免許・資格
3学会合同呼吸療法認定士
学歴・経歴
2014年4月〜現在 帝京科学大学 医療科学部東京理学療法学科 助教
2011年4月〜2014年3月 名古屋大学医学部付属病院 理学療法士
主な著書
  1. (総説)変形性膝関節症に対する膝外反装具の最近の知見. 関節外科 29(9) 57-62, 2010.
  2. (著書)老いを内包する膝-早期診断と早期治療-. 装具の軽量化を図る―機能的膝装具の効果について(井原 秀俊 編) 101-107,全日本病院出版会, 2010.
主な論文
  1. M. Deie,M. Toriyama, et al. The Effects of an Unloading Knee Brace and Insole with Subtalar Strapping for Medial Osteoarthritis of the Knee. International Journal of Clinical Medicine. 4, 6-12, 2013.
  2. 鳥山 実, 出家 正隆, 他. 内側型変形性膝関節症に対する膝外反装具の長期使用による歩行動作への影響. 臨床バイオメカニクス 33: 321 -327, 2012.
  3. 岩城 大介, 鳥山 実, 他. 膝前十字靭帯再建後のハイヒール歩行が膝関節に及ぼす影響. 臨床バイオメカニクス 33: 329-336, 2012.
  4. M, Toriyama, M. Deie, et al. Effects of unloading bracing on knee and hip joints for patients with medial compartment knee osteoarthritis. Clinical Biomechanics. 26(5): 497-503, 2011.
  5. H. Shidahara, M. Toriyama, et al. Prospective Study of Kinesthesia After ACL Reconstruction. International Journal of Sports Medicine; 32: 1–7, 2011.
  6. T. Otani, M. Toriyama, et al. Synaptogenesis in the Contralateral Primary Motor Area after Focal Brain Infarction in Rats. Journal of Physical Therapy Science. 22 (1): 69-74. 2010.
所属学会等
日本理学療法士協会
日本臨床バイオメカニクス学会
日本臨床スポーツ医学会
日本関節鏡膝スポーツ学会(JOSKAS)


このページの先頭へ戻る