スマートフォン版はこちらをクリックしてください


小林 豊和

小林 豊和(こばやし とよかず) 准教授、博士(獣医学)

主な研究と活動

 獣医師免許取得してから、私は犬と猫を中心とした小動物臨床に携わってきました。僅か四半世紀余りの期間に過ぎませんが、その間の小動物獣医療の進歩発展は目を見張るものがあり、飼い主様や社会からの動物病院への要望や期待も、年を追うごとに高まっています。そのような背景のなか、高い知識や技術を習得している動物看護師は、小動物臨床の世界では必要不可欠な存在になっています。
 ヒトの医療は、cure(治療)とcare(看護)の両輪で成り立っています。本来careは看護だけでなく、介護や保護、保育、世話など多岐にわたる意味を持った言葉であり、これらを一語で表現できる日本語は見当たりません。このcareこそが看護師や動物看護師の職域であり、動物病院においても高いホスピタリティが求められる時代となった今日では、獣医療におけるcareを学問として体系的に捉え、人材を教育する必要に迫られています。私はこれまでの臨床家としての経験を生かし、知識や技術だけでなく気遣いや心のこもったcareを実践できる看護師を育成したいと考えています。
 私のこれまでの主な研究テーマは、犬猫の肥満と高齢医療でした。小動物の世界にも健康寿命という概念が浸透し始めていますが、健康寿命(health span)を寿命(life span)に限りなく近づける獣医療が私の理想です。今後は更に、老化やアンチエイジングに関しても研究を進めてゆきたいと考えています。

  • 小林 豊和
キーワード
犬と猫の肥満 高齢医療 健康寿命 アンチエイジング
専門分野
小動物臨床 小動物臨床検査 動物看護学
主な研究対象

イヌ、ネコ

主な研究課題
肥満が身体に及ぼす影響
肥満の画像診断
肥満のメカニズムの解明 
担当科目
動物検体検査学、動物身体検査学
卒業年月
1987年3月 日本大学農獣医学部(現生物資源科学部)獣医学科卒業
1989年3月 日本大学大学院獣医学研究科修士課程修了
2014年3月 日本大学大学院獣医学研究科博士課程修了
学歴・経歴
1992年4月 日本獣医畜産大学(現日本獣医生命科学大学)家畜病院研修生
1993年10月 グラース動物病院(東京都杉並区)開設
2015年4月 帝京科学大学 准教授
主な著書
  1. 小林豊和、愛犬の介護ガイドBOOK、文化出版局(学校法人文化学園)、2015
  2. 小林豊和、愛猫のためのかんたんトッピングごはん、文化出版局(学校法人文化学園)、2015
  3. 小林豊和他、チワワ 最新の飼い方・しつけ・健康管理、㈱新星出版社、2012
  4. 小林豊和他、トイ・プードル 最新の飼い方・しつけ・健康管理、㈱新星出版社、2012
  5. 小林豊和、愛犬のためのかんたんトッピングごはん、文化出版局(学校法人文化学園)、2012
  6. 小林豊和他、獣医さんが教える 手づくり愛犬ごはん、㈱主婦の友社、2012
  7. 小林豊和他、年とった愛犬と幸せに暮らす方法、㈱WAVE出版、2012
  8. 小林豊和他、5歳からの小型犬 健康と病気 安心BOOK、㈱筑摩書房、2010
  9. 小林豊和、愛犬健康生活BOOK―5歳からはじめる病気と介護、㈱主婦と生活社、2009
  10. 小林豊和他、子犬と仲良くなる育て方(健康・お世話編)、ベネッセコーポレーション、2004
  11. 小林豊和、チワワのすべて、㈱主婦の友社、2003
  12. 小林豊和、ミニチュアダックスのすべて、㈱主婦の友社、2003
  13. 小林豊和他、世界一幸せな老犬に、㈱WAVE出版、2003
  14. 小林豊和、でぶりんDOGにさせないで、㈱扶桑社、2002
  15. 小林豊和、愛犬カンタン・ダイエット、㈱枻出版社、2002
  16. 小林豊和他、愛犬の育て方〜選び方・しつけ・健康管理、㈱新星出版社、2000
  17. 小林豊和他、愛犬のトラブル100必ず直せるしつけ方、㈱新星出版社、1998
  18. 小林豊和他、犬と猫の重篤症例における臓器不全、㈱インターズー、2012
  19. 小林豊和他、犬と猫の慢性腸疾患 病態生理・診断・治療の最新情報、㈱インターズー、2012
  20. 小林豊和他、BSAVAマニュアル 犬と猫の救急疾患とクリティカルケア第2版、㈱インターズー、2012
  21. 小林豊和他、犬と猫の心臓病学 臨床研究の最前線、㈱インターズー、2011
  22. 小林豊和他、最新犬と猫の免疫学 疾患の予防・治療とそのメカニズム、㈱インターズー、2011
  23. 小林豊和他、酸化ストレス 関連疾患と抗酸化物質・薬剤の治療効果、㈱インターズー、2008
主な論文
  1. Toyokazu KOBAYASHI, Hiroshi KOIE, Arisa WATANABE, Arisa INO, Kazuya WATABE, Mujo KIM, Kiichi KANAYAMA, Kazuya OTSUJI,Effects of food enriched with egg yolk hydrolysate (bone peptide) on bone metabolism in orchidectomized dogs, The Journal of Veterinary Medical Science, in press
  2. Toyokazu KOBAYASHI, Hiroshi KOIE, Akiko KUSUMI, Masato KITAGAWA, Kiichi KANAYAMA, Kazuya OTSUJI,Comparative investigation of body composition in male dogs using CT and body fat analysis software、The Journal of Veterinary Medical Science、Vol.76、No.3、P439〜446、2014
  3. Toyokazu KOBAYASHI, Kazuya OTSUJI, Akiko KOIZUMI, Natsumi KOBAYASHI, Mari SUZUKI, Nana FURUKAWA, Akiko KUSUMI, The effectiveness of the body condition score model for the nutritional assessment in dogs, J. Pet Anim. Nutr., 19 (1) : 15-20, 2016
所属学会等
(公社)東京都獣医師会
日本ペット栄養学会
日本小動物歯科研究会
日本獣医皮膚科学会
(社)日本産業カウンセラー協会
日本ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド・ソサエティ
日本ペットマッサージ協会
東京都小動物獣医師会


このページの先頭へ戻る