スマートフォン版はこちらをクリックしてください


佐藤 衆介

佐藤 衆介(さとう しゅうすけ) 教授・農学博士

主な研究と活動

ウシ、ブタ、ニワトリと言った産業動物も、痛みや喜びを感じる能力を持っています。これまで、それらに対する飼育管理技術は、人間の都合だけ、すなわち最も安価に大量に生産できるように組み立てられてきました。最近、産業動物の心に配慮することの必要性が、世界の各国から言われ始めています(産業動物福祉)。そして、飼育管理技術のグローバル・スタンダードが作られ始めました。そのような視座から、飼育管理技術の再構築に関わる基礎的、そして実務的研究を展開しています。

  • 佐藤 衆介

家畜福祉学寄附講座

キーワード
動物行動、動物福祉、放牧
専門分野
応用動物行動学
主な研究対象

ウシ、ブタ、ニワトリ

主な研究課題
産業動物の福祉に関する研究
ヒトとかかわる動物の行動に関する研究
放牧に関する研究
福島原発事故による警戒区域に残されたウシの保護と研究
担当科目
産業動物学、動物福祉論、草地利用学、動物福祉評価法、動物福祉関連法規など
卒業年月
1973年3月 東北大学農学部卒業
1978年3月 東北大学大学院農学研究科畜産学専攻博士課程修了
学歴・経歴
1980年9月 宮崎大学農学部助手・助教授
1994年4月 東北大学大学院農学研究科助教授
2002年4月 独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構畜産草地研究所放牧管理部長
2005年4月 東北大学大学院農学研究科教授
2015年4月 帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科教授
主な著書
  1. 佐藤衆介 (2014) 産業動物の福祉. in: 動物福祉学. (全国動物保健看護系大学協会 カリキュラム検討委員会編). pp.85-101. インターズー. 東京.
  2. 佐藤衆介 (2014) 放牧を加味したアニマルウェルフェア畜産の実現 . in:草地農業システムの多面的機能とアニマルウェルフェア.(矢部光保編著). pp. 154-171. 筑波書房.
  3. 佐藤衆介 (2013) 福島原発警戒区域内に取り残された動物とどう向き合うか. In:今を生きる 5.自然と科学(吉野博・日野正輝編). pp.185-198.
  4. 佐藤衆介 (2012) 動物愛護とアニマルウェルフェアの違い. 海外と日本におけるアニマルウェルフェアの状況. アニマルウェルフェアの評価法.の章執筆. in:最新農業技術畜産vol5. pp.9-10, 23-26. 27-32. 東京
  5. 佐藤衆介・近藤誠司・田中智夫・楠瀬良・森裕司・伊谷原一(編著)(2011) 動物行動図説. 朝倉書店. pp.1-216. 東京.
  6. 佐藤衆介・森裕司監訳 (2009), 動物への配慮の科学. pp1-310. チクサン出版社. 東京.
  7. 佐藤衆介(2009)「加工型畜産の様相」と「アニマルウェルフェア」の項執筆. In:草地管理指標-草地の多面的機能編-. pp.87-90, 173-178. 日本草地畜産種子協会. 東京.
  8. 佐藤衆介 (2009) 食用家畜のウェルフェア-新しいガイドラインを求めて-. in:ヒトと動物の関係学.第2巻家畜の文化. (秋篠宮文仁・林良博編). pp.256-280. 岩波書店. 東京.
  9. 佐藤衆介 (2005) アニマルウェルフェア. pp.1-194. 東京大学出版会. 東京.
  10. 佐藤衆介 (1997) 失宜行動と家畜の福祉.in家畜行動学(三村耕編著).pp.98-121. 養賢堂.東京.
  11. 佐藤衆介 (1992) 動物生産学概論(動物生産の倫理と福祉問題、動物の行動管理と飼育施設を執筆).川島書店. 東京. pp.6-19. 149-168.
主な論文
  1. Tozawa A, S Tanaka, S Sato. (2016) The effects of components of grazing system on welfare of fattening pigs. Asian-Australasian Journal of Animal Sciences, 29: 428-435.
  2. Chen S, S Tanaka, S Ogura, S.G. Roh, S. Sato. (2015) Effect of suckling systems on serum oxytocin and cortisol concentrations and behavior to a novel object in beef calves. Asian-Australasian Journal of Animal Sciences. 28: 1662-1668.
  3. Ohara A, C Oyakawa, Y Yoshihara, S Ninomiya, S Sato. (2015) Effect of environmental enrichment on the behavior and welfare of Japanese broilers at a commercial farm. The Journal of Poultry Science. 52: 323-330.
  4. 佐藤衆介 (2015) ウシにおける正常行動発現の重要性. 東北畜産学会報, 64: 13-20.
  5. Chen S, S Tanaka, C Oyakawa, S Roh, S Sato (2014) Individual difference in serum oxytocin concentrations of calves and the correlation with those in dams. Animal Science Journal, 85(1), 53-57.
  6. Tachi N, S Tanaka, A Ardiyanti, K Katoh and S Sato (2014) Bovine growth hormone gene polymorphism affects stress response in Japanese Black cattle. Animal Science Journal 86 (6) 722-728.
  7. Okada K, I Sato, Y Deguchi, S Morita, T Yasue, M Yayota, K Takeda, S Sato (2013) Distribution of radioactive cesium in edible parts of cattle. Animal Science Journal, 84: 798–801.
  8. Ninomiya, S, S. Sato (2011) The assessment of the effect of presenting a companion’s face picture on social isolation stress using saliva sampling in cows. Animal Science Journal, 82(6):787-791.
  9. Takeda K, S Sato, K Sugawara (2009) Affiliative group size influences grazing and recumbency behaviors in heifers immediately after beginning grazing and in high-density grazing situations. Grassland Science, 54:197-202.
  10. Ninomiya S, S Sato (2009) Effects of ‘Five Freedoms’ environmental enrichment on the welfare of calves reared indoors. Animal Science Journal, 80: 347-351.
  11. Kohari, D.,Sato, S., Nakai, Y.(2009), Does the maternal grooming of cattle clean bacteria from the coats of calves? Behavioural Processes, 80:202-204.
  12. Ninomiya, S., Sato, S., R. Kusunose, T. Mitumasu, Y. Obara (2007), A note on a behavioural indicator of satisfaction in stabled horses. Applied Animal Behaviour Science, 106:184-189.
  13. Seo, T., Date, K., Daigo, T., Kashiwamura, F., Sato, S.(2007) Welfare assessment on Japanese dairy farms using the Animal Needs Index. Animal Welfare, 16:221-223.
所属学会等
応用動物行動学会
日本畜産学会
日本草地学会
International Society for Applied Ethology
主な学会発表
1. Sato S, A Ohara (2014) Recent trends of policy and research relating poultry welfare in Japan. Abstracts of 10th Asia Pacific Poultry Conference. p.223. October 19~23, 2014. Jeju, Korea.
2. Ariga S, S Tanaka, T Chiba, K Shibuya, S Sato (2014) Identified exciting factors of soil on behaviour of fattening steers reared indoor. Proceedings of 48th Congress of the International Society for Applied Ethology. Vitoria. Spain. p.266.
3. Chen S, Tanaka S, Oyakawa C, Roh S-G, Sato S (2012) Individual differences in serum oxytocin of calves and their dams’ effect on it. The 15th Asian-Australasian Association of Animal Production Societies (AAAP) Animal Science Congress. pp. 614.
講演
1. Sato S (2015) A study on the normal behaviour of cattle in Japan. (Wood-Gush Memorial Lecture). Proceedings of 49th Congress of the International Society for Applied Ethology. Sapporo. Japan. p.39.
2. Sato S (2014) General attitude towards animals in Japan. Proceedings of 2014 International Conference on “Animal Liberation, Animal Rights, ad Equal Ecological Rights: Dialogues between Eastern and Western Philosophies and Religions”. Pp. 377-391. Hsuan Chuang University, Hsinchu, Taiwan. 26-27 April, 2014.
3. Sato S (2009) Farm Animal Welfare in Japan. The Symposium on “Far East 3 Countries’ Farm Animal Welfare Policy Direction”. Anyang, Korea. 12 Nov. 2009.
受賞歴
日本草地学会賞(齋藤賞)(2014)


このページの先頭へ戻る