スマートフォン版はこちらをクリックしてください


山本 真理子

山本 真理子(やまもと まりこ) 助教・学術博士

主な研究と活動

社会では様々な動物がわたしたちの生活を豊かにしてくれています。その一例がセラピー・アニマルや補助犬です。わたしはこのような動物と関わる障がい者、子ども、高齢者、入院患者の笑顔を数多く見てきました。一方で普及の遅れによりアニマル・セラピーや補助犬を希望しながらも恩恵にあずかることができない人々にも出会いました。これは供給不足だけではなく、日本人の動物に対する考え、文化、環境などが複雑に絡み合い普及の壁となっているためです。そして、何よりもその「壁」を取り払えるような、動物からの効果を客観的に評価し、汎用性のあるものとする科学的な証拠が不足しています。この研究室では、動物との相利共生を基本とし、多くの人が動物から最大限の効果を得られる社会を目指して『動物の効果はどうしてもたらされるのか』『どのような介入が最大限の効果を引き出せるのか』という、大きな疑問を一つ一つ明らかにしていきたいと考えています。

  • 準備中
キーワード
介在動物(馬、犬、猫)、障害者、高齢者、福祉
専門分野
介在動物学、補助犬、治療的乗馬
主な研究対象

ヒト、コンパニオンアニマル(馬、犬、猫など)

学位
2011年3月学術博士(麻布大学大学院)
卒業年月
2006年3月 麻布大学 獣医学部 動物応用科学科 卒業
2008年3月 麻布大学大学院 博士前期課程 獣医学研究科 動物応用科学専攻 修了
2011年3月 麻布大学大学院 博士後期課程 獣医学研究科 動物応用科学専攻 修了
学歴・経歴
2011年3月 カリフォルニア大学デービス校獣医学部 博士研究員(~2015年2月)
2015年4月 帝京科学大学アニマルサイエンス学科 助教
主な著書
  1. Lynette, L.A., Yamamoto, M. Human-Animal Bond: assistance and other working dogs. The Merck Veterinary Manual. New Jersey, USA: Merck Sharp & Dohme Corp., online version.
  2. Lynette, L.A., Yamamoto, M. Dogs as helping partners and companions for humans. In J.A. Serpell (Ed.), The Domestic Dog, 2nd ed., Cambridge, UK: Cambridge University Press, in press.
  3. Lynette, L.A., Yamamoto, M. Recruiting psychosocial health effects of animals for families and communities: transition to practice. In A.H. Fine (Ed.), Handbook on Animal-Assisted Therapy, 4th ed., Amsterdam, Netherland: Elsevier, in press.
  4. 太田光明, 大谷伸代(編)(2011)ドッグトレーニング パーフェクトマニュアル, 東京, 日本: 緑書房.(一部執筆:人とペットの関係学、犬種図鑑(分担))
主な論文
  1. Yamamoto, M., Yamamoto, M.M., Hart, L.A. (2015) Physical activity and welfare of guide dogs and walking activity of their partners. Anthrozoös, 28, 277-289.
  2. Yamamoto, M., Hart, L.A., Ohta, M., Matsumoto, K., Ohtani, N. (2014) Obstacles and anticipated problems associated with acquiring assistance dogs, as expressed by Japanese people with physical disabilities. Human-Animal Interaction Bulletin, 2, 59-79.
  3. Yamamoto, M., Hart, L.A., Matsumoto, K., Ohta, M., Ohtani, N. (2014) Japanese people with vision disabilities rate their experiences with information resources pertaining to guide dogs. International Journal of Orientation & Mobility, 6, 70-82.
  4. Yamamoto, M., Ohtani, N., Ohta, M. (2011) The response of dogs to attentional focus of human beings: A comparison between guide dog candidates and other dogs. Journal of Veterinary Behavior Clinical Applications and Research, 6, 4-11.
  5. Mitsui, S., Yamamoto, M., Nagasawa, M., Mogi, K., Kikusui, T., Ohtani, N., Ohta, M. (2011) Urinary oxytocin as a noninvasive biomarker of positive emotion in dogs. Hormones and Behavior, 60, 239-243.
  6. Yamamoto, M., Kikusui, T., Ohta, M. (2009) Influence of delayed timing of owners’ actions on the behaviors of their dogs, Canis familiaris. Journal of Veterinary Behavior Clinical Applications and Research, 4, 11-18.
  7. Yamamoto, M., Kikusui, T., Ohta, M. (2009) Influence of owners’ attentional focus on the response of their dogs, Canis familiaris. Journal of Veterinary Behavior Clinical Applications and Research, 4, 95.
所属学会等
International Society for Anthrozoology
日本身体障害者補助犬学会
ヒトと動物の関係学会
受賞歴
ヒトと動物の関係学会(2009)第5回学生院生学術発表審査会 奨励賞
身体障害者の補助犬に対する意識調査~肢体不自由者と聴覚障害者の比較~


このページの先頭へ戻る