スマートフォン版はこちらをクリックしてください


岩沼 聡一朗

岩沼 聡一朗(いわぬま そういちろう) 助教・博士(スポーツ科学)

主な研究と活動

1. 筋骨格系の形状やはたらきにおける成長に伴う変化の検討
2. 筋骨格系に与えるトレーニングの効果検証およびメカニズムの解明
3. 知的障害のある方へ提供する運動プログラムの考案および効果検証

 私たちは、筋肉が発揮する力によって身体を動かし、日常生活を営んでいます。実は、普段何気なく行っている動きであっても、身体の内部では複雑に力が作用しています。その力学的現象には、筋肉や骨の構造・形状が密接に関係しています。子どもの身体は成人の身体の相似形とは言えず、子どもの筋骨格系は形状だけでなく、はたらきもまた成長に伴い変化します。また、成人であっても、トレーニングや加齢、不活動(寝たきりなど)によって、筋骨格系の形状やはたらきは変化します。こうした変化を観察し、バイオメカニクスや運動生理学の観点から、その変化の過程やメカニズムについて検討しています。
 また、実践研究として、知的障害のある方へ提供する運動プログラムの考案および効果検証を行っています。効果的な運動プログラムは、知的障害のある方の身体面および心理面へはたらきかけるだけでなく、知的障害のある方自身の社会性の向上や、社会が知的障害のある方に対して理解を深めることにもつながると考えています。バイオメカニクスや運動生理学の知識を基に、運動プログラムの考案・提供とその効果検証を並行して進めています。

  • 岩沼 聡一朗
キーワード
筋メカニクス、骨格筋、柔軟性、身体組成、発育発達、知的障害
専門分野
スポーツ科学、バイオメカニクス、アダプテッド・スポーツ科学
主な研究対象

人間(子ども、成人、高齢者、知的障害のある方)

主な研究課題
1. 筋骨格系の形状やはたらきにおける成長に伴う変化の検討
2. 筋骨格系に与えるトレーニングの効果検証およびメカニズムの解明
3. 知的障害のある方へ提供する運動プログラムの考案および効果検証
担当科目
健康体育Ⅰ・Ⅱ、健康運動学基礎演習、健康と生活
学位
2011年3月 博士(スポーツ科学) (早稲田大学)
免許・資格
中学校・高校教諭一種免許状(保健体育)
全日本スキー連盟公認指導員・B級検定員
卒業年月
2011年3月 早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 博士後期課程 修了
学歴・経歴
2010年4月 (独)日本学術振興会 特別研究員
2012年4月 早稲田大学 スポーツ科学学術院 助手
2014年4月 帝京科学大学 総合教育センター 助教
主な論文
  1. Akagi R, *Iwanuma S, Hashizume S, Kanehisa H, Yanai T, Kawakami, Y. Association between contraction-induced increases in elbow flexor muscle thickness and distal biceps brachii tendon moment arm depends on the muscle thickness measurement site. Journal of Applied Biomechanics, In press.
  2. Akagi R, *Iwanuma S, Hashizume S, Kanehisa H, Yanai T, Kawakami, Y. In vivo measurements of moment arm lengths of three elbow flexors at rest and during isometric contractions. Journal of Applied Biomechanics, 28: 63-69, 2012.
  3. Hashizume S, *Iwanuma S, Akagi R, Kanehisa H, Yanai T, Kawakami Y. In vivo determination of the Achilles tendon moment arm in three-dimensions. Journal of Biomechanics, 45(2): 409-413, 2012.
  4. *Iwanuma S, Akagi R, Hashizume S, Kanehisa H, Yanai T, Kawakami Y. Triceps surae muscle-tendon unit length changes as a function of ankle joint angles and contraction levels: the effect of foot arch deformation. Journal of Biomechanics, 44(14): 2579-83, 2011.
  5. *Iwanuma S, Akagi R, Kurihara T, Ikegawa S, Kanehisa H, Fukunaga T, Kawakami Y. Longitudinal and transverse deformation of human Achilles tendon induced by isometric plantar flexion at different intensities. Journal of Applied Physiology, 110: 1615-1621, 2011.
  6. Akagi R, *Iwanuma S, Fukuoka M, Kanehisa H, Fukunaga T, Kawakami, Y. Methodological issues related to thickness-based muscle size evaluation. Journal of Physiological Anthropology,30(4): 169-174, 2011.
  7. 鳥居俊, *岩沼聡一朗, 飯塚哲司, 村田祐樹. 日本人健康男児の除脂肪量の上肢・下肢比率の発育変化に関する横断的検討. 日本成長学会雑誌, 19: 96-99, 2013.
  8. 木谷健太郎, 山本哲平, *岩沼聡一朗, 鳥居俊. 関節弛緩性は成長期に変化するか:中学生男子サッカー選手における縦断的検討. 日本成長学会雑誌, 19: 54-58, 2013.
  9. *岩沼聡一朗, 赤木亮太, 栗原俊之, 福永哲夫, 川上泰雄. 等尺性足関節底屈トルク発揮に伴う足アーチの開裂および踵骨隆起の変位. 東京体育学研究, 1: 59-63, 2010.
  10. 石川早帆, *岩沼聡一朗, 川上泰雄. 女性ダンサーの大腿部筋形態: 大腿部筋横断面積に着目して. 東京体育学研究, 1: 83-86, 2010.
  11. *岩沼聡一朗, 福永哲夫, 川上泰雄. 下腿三頭筋の体積とアキレス腱の横断面積の関係. 東京体育学研究2007年度報告, 23-25, 2007.
所属学会等
1. 日本体育学会
2. 日本バイオメカニクス学会
3. 日本発育発達学会
4. 日本アダプテッド体育・スポーツ学会
5. 日本ゴルフ学会
6. European College of Sport Science
講演
2014年2月 スポーツ講話「スポーツ科学からの手紙 ~拝啓 中学生の君たちへ~」, 大船渡市立吉浜中学校.
受賞歴
2009年6月 Young Investigators Award, 14th annual congress of the European College of Sport Science, Oslo, Norway.
2007年3月 奨励賞, 第34回日本体育学会東京支部大会, 東京.


このページの先頭へ戻る