スマートフォン版はこちらをクリックしてください


大学院

帝京科学大学 大学院 概要

 本学大学院理工学研究科は、学部教育の基礎の上にたって、科学・技術の教育研究を通して広く人類の福祉に貢献することを目的とします。

設置の趣旨と教育課程

 本学は、平成2年に開学し、平成6年3月に第1回の卒業生を社会に送り出しましたが、本学の教育・研究の中核である先端科学・技術の諸分野は、その発展が著しく、より高度の教育・研究は、大学院を設置して行わざるを得ず、平成6 年4 月に学部組織の上に、さらに大学院理工学研究科の修士課程を設置しました。大学院博士後期課程においては、さらに広い視野と実践的特色を持った、高度の先端科学・技術の専門技術者及び研究者の養成を目的とします。そのためには、それぞれの分野の研究を、より一層深化させる必要がありますが、さらにそれ以上に、今後の先端科学・技術の新しい内容の発展が、それら諸分野の学際的、融合的研究・開発に期待されているという点に着目し、その方向に教育・研究を推進するために、修士課程の専攻を博士後期課程では一本化し、「先端科学技術専攻」としました。
 そこで修士課程を前期2年の博士前期課程とし、新たに博士後期3 年の課程を持つ区分制の博士課程を平成8 年4 月に設置しました。
 なお、平成25年4月から中学校教諭専修免許状(理科)及び高等学校教諭専修免許状(理科)を取得できる課程を設置しています。

理工学研究科 博 士 課 程
前期課程(2年)
(修士課程)
後期課程(3年)
メディア情報システム専攻
バイオサイエンス専攻  
アニマルサイエンス専攻
環境マテリアル専攻
先端科学技術専攻

理工学研究科の組織

博士前期課程(修士課程)
  1.  メディア情報システム専攻では、各種情報処理の基礎的能力を十分に修得させた上で、システムデザイン分野、ネットワークシステム分野及びマン・マシーンインターフェース分野におけるより高度な知識と能力を持つ研究者・技術者の育成ができるよう教育課程を編成しています。
  2.  バイオサイエンス専攻では、生物科学の諸分野の基礎的領域とその応用分野である生物工学分野を含む幅広い領域で柔軟に教育を行い、バイオサイエンスの基礎的素養と応用技術を持った人材の育成ができるよう教育課程を編成しています。
  3.  アニマルサイエンス専攻では、人間と飼育動物との良好な関係の構築、野生動物の衛生、環境エンリッチメント、生態、保全など、人間と動物との共生に関する教育・研究を通して、動物関連の科学や産業の発展に寄与し得る研究者・技術者の育成ができるよう教育課程を編成しています。
  4.  環境マテリアル専攻では、生物と環境との関わり、環境を分析し自然と共存していくための科学、環境負荷の少ないすなわち環境に優しい物質の創製など、環境に関する教育・研究を通して、環境関連の科学や工学の発展に寄与する研究者・技術者を育成するための教育課程を編成しています。
博士後期課程

 先端科学技術専攻は、次の4領域で構成されています。

  1.  メディア情報システム領域では、情報科学の分野で、ロボティクス、ネットワーキング、センシング、カオス力学系の制御などに関する高度な専門的知識と研究能力を有する研究者・技術者の育成ができるよう教育課程を編成しています。
  2.  バイオサイエンス領域では、自己修復、増殖、記憶、神経伝達などの高次の生命現象を解明し、その優れた機能を利用したこれからの新しい先端科学技術を研究・開発し、それを医療、材料、情報、環境などの諸分野に応用を可能にする幅広い高度な能力を有する研究者・技術者の育成ができるよう教育課程を編成しています。
  3.  アニマルサイエンス領域では、飼育動物と野生動物の行動・健康・生態・保全及び人間生活への動物介在に関する先端的な教育・研究を通じて、次世代における人間と動物との共生に貢献できる高度な研究者・技術者育成のための教育課程を編成しています。
  4.  環境マテリアル領域では、自然環境の科学、環境を分析する科学をはじめ、環境調和型物質の開発と環境負荷の少ない物質創製プロセスの開発を次世代の先端科学として捉え、これらの教育・研究を通して、持続可能な未来社会の構築に寄与し得る研究者・技術者を育成するための教育課程を編成しています。

履修及び研究指導

博士前期課程(修士課程)
  1.  専攻により若干の相違がありますが、各専攻の専門分野に対応した多くの授業科目を準備し、必修科目である輪講及び特別実験の他に、修了に必要な30単位のうち約1/2を講義科目で修得させ、それぞれの専門分野に関係した授業を、余裕を持って選択し得るよう工夫しています。
  2.  各専攻に共通して、輪講が第一から第四まで置かれていますが、これは各指導教員が単独又は共同して、文献の講読指導を行うものであり、各専門分野に関係した研究雑誌の論文等を中心に討議を行うことにより、学生の研究能力を高めることを目的とします。
  3.  各専攻に共通して、特別実験が第一、第二と置かれています。これは、学内の実験設備を用いた実験もありますが、テーマによっては、関連の他大学・研究機関や企業等において学生が行う実験・研究も積極的に取り入れます。
博士後期課程
  1.  各分野の講義授業科目は全て選択で2単位です。研究指導教員の指導のもとで、特別輪講4単位、特別実験8単位を含め、各領域に用意されている授業科目2科目(4単位)以上、合計16単位以上を修得します。
  2.  指導教員については、各専門分野の主たる指導教員のほかに、指導教員との相談の上、関連領域・部門から副指導教員を選び、研究上の指導・助言を得ることにし、将来の各領域・部門の研究内容が、学際的視野により新しい創造的内容を生む可能性を持たせています。
  3.  博士後期課程では、上記授業科目の履修は研究活動と不可分離のものです。学生は主指導教員の責任ある指導を受けると同時に、副指導教員からも助言を受け、各自の研究を進めます。その研究の進行に伴い、その成果を中間で取りまとめる努力をさせ、それぞれの関係専門領域の学会に発表し、学会誌に掲載し得るよう努力させます。その結果3年次中頃までには、2篇以上の研究発表論文が投稿され受理されているよう指導します。

大学院研究センター

 本学では、文部科学省の「私立大学学術研究高度化推進事業」(ハイテク・リサーチ・センター整備事業)の拠点のひとつとして選定され、バイオテクノロジー研究センターと未来材料研究センターをそれぞれ開設しました。 

バイオテクノロジー研究センター
 平成12年春に開設以来、バイオテクノロジー研究センターは「遺伝子」をターゲットにした基礎研究中心の第1 期につづき、分子、細胞、生物個体の3レベルで「バイオホメオスタシス」の研究を行った第2期のプロジェクトを平成20年3月に終了しました。現在は、その設備を利用して生命系に関わる先端研究・開発のための拠点としての役割を担っています。
未来材料研究センター
 未来材料研究センターは、「環境適合未来材料及びシステムの構築と構造解析」、「生体分子・粒子を制御する活性を通じて人間環境を改善する高分子生化学材料の合成」のプロジェクトを終了しています。現在は、その設備を利用して未来材料に関わる研究・開発のための拠点としての役割を担っています。


このページの先頭へ戻る