柔道整復学科

Department of Judo Therapy

柔道整復学科
(東京西キャンパス)

人体を深く理解し、適切なケアができる医療人に

柔道整復師は、医師以外では唯一、ケガの処置ができる国家資格を有する医療職です。本学科では、日本の伝統医療の技術に加え、西洋医学の知識もバランスよく学修。患者さんの心身に寄りそうためのコミュニケーション能力も身に付けます。めざすのは、接骨院をはじめ、整形外科、高齢者施設、スポーツの現場などで活躍できる柔道整復師です。また、希望に応じてアスレティックトレーナー(AT)資格もめざすことができます。

イメージ

3つの特色 Features

Point 1

特色1

女性教員が多く、学生一人ひとりにきめ細かな指導を実施

1学年定員 30 名という、きめ細かな少人数教育が特長。スポーツに打ち込んできた学生も、大学での学修習慣を身に付け、スムーズに大学生活を送れるよう支援します。女性の教員が多いのも本学科のメリット。男女問わず活躍の場が広げられるよう、幅広い視点から指導します。

Point 2

特色2

柔道整復師に加えて
+ αの資格をめざせる

解剖学や生理学など、柔道整復師に不可欠な知識を学べるのはもちろんですが、「スポーツトレーナー入門」「アロマセラピー」「介護予防概論」など選択科目の講座も充実しており、将来の進路に合わせた+ αの学びが可能です。

Point 3

特色3

プロスポーツの現場も体験できる充実のインターンシップ

Jリーグ「ヴァンフォーレ甲府」のホームゲーム時に、チームトレーナーの指導のもと、プロスポーツの現場を体験できるインターンシップ。1~2年次の熱意ある学生にチャンスが開かれています。また、接骨院見学も1年次からスタート。多様な現場を体験し、実践力を磨きます。

学科長のあいさつ Voice

医療人としてのクオリティ・アシュアランスが大切である


学科長 竹内 仁

柔道整復師は骨折や脱臼、打撲、捻挫、挫傷など外傷の処置ができる国家資格です。

柔道整復術は戦乱時代武士の活法(治療法)に起源があり、江戸時代に町の人々の外傷を治療する現在の柔道整復術が体系化されました。明治維新後に医制改革が行われ、西洋医学の導入により医師の資格がないと治療行為ができなくなりましたが、柔術家や柔道家が接骨術請願運動を起こし柔道整復師も治療を行うことが認められました。WHO(世界保健機関)は日本の伝統的な医療の一つとして言及しています。

本学科ではこうした歴史観を踏まえ、技術力はもちろんのこと医学の知識やコミュニケーション能力など幅広い能力を兼ね備えた医療人を育てていく環境を整えています。

また、近年人気が高い職業の一つとして、スポーツトレーナーが挙げられます。トレーナーとひとくくりにされていますが、コンディショニングを担当する人、トレーニングメニューを考える人、怪我の処置をする人など様々な役割があります。試合中や練習中に怪我をしたとき、その処置ができるのは医師と柔道整復師だけです。柔道整復師は骨や筋肉に関する知識を活かして、怪我の処置や予防など幅広いトレーナー活動を行えます。また、応急処置からリハビリ、競技復帰までトータルにケアしていけるのが柔道整復師の強みです。

柔道整復師が医療の進歩や社会の変化に対応するためには、教養を日々怠らず吸収していく努力が必要になります。それがクオリティ・アシュアランス(質の保証)に繋がっていくと思います。

本学科ではそれに応えるために教員が一丸となってサポートします。

  • 学部紹介MOVIE 医療科学部
  • NEXTオープンキャンパス
  • TEIKAジャーナル
TOP