東京柔道整復学科

Department of Tokyo Judo Therapy

東京柔道整復学科 (千住キャンパス)

患者さんを的確に評価、処置できる柔道整復師に

医師以外で唯一、ケガの処置ができる国家資格が柔道整復師。日常のアクシデントによるケガから、スポーツによる外傷、高齢者のケアに至る、幅広い将来像が広がる仕事です。本学科では、柔道整復の基礎から応用までを、西洋医学の知識とともに修得。4年制大学ならではの教育環境で、臨床における専門性や、教養、人間性を育みます。
また、希望に応じてアスレティックトレーナー(AT)資格もめざすことができます。

イメージ

3つの特色 Features

Point 1

特色1

充実した授業と実習で知識と実践力をバランスよく学ぶ

医療の現場では、専門的な知識と、実践を行うための技術の両方が必要となります。本学科では、1年次から専門的な授業がスタート。国家試験合格のための力をしっかりと養うことができます。実践力を培う実習においては、基礎的なものから専門的なものへと積み重ね、知識と技術を一体化させます。

Point 2

特色2

柔道整復師の国家資格に加えてATもめざせる

接骨院や整形外科、介護施設などで働くためにも、ATとしてスポーツの現場で活躍するためにも、国家資格である柔道整復師の資格は欠かせません。対策講座などを実施し、合格に向けてサポートします。AT資格取得を目的としたカリキュラムを用意。アスリートを支える医療人をめざします。

Point 3

特色3

4年間かけて学ぶからこその「引き出し」の多い柔道整復師に

「再びケガをしないよう運動の提案をする」「栄養や食生活のアドバイスをする」など、医療の現場では、単に処置をするだけではなく、生活全般にわたって指導ができる柔道整復師が求められています。本学科では、国家資格+αの学びを実施し、対応力を身に付けた人材の養成をめざしています。

学科長のあいさつ Voice

繰り返しおこなわれるディスカッションや実習で
「いのち」を扱う医療人としての心を育てます。


学科長 杉山 渉

柔道整復術は柔術が起源になっており、殺法は敵を殺傷する技、活法は外傷を治療する技術であり、殺法と活法は時代とともに発展・変遷をとげてきています。これらのうち活法が発展して現在の「柔道整復術」ができあがったといわれています。

「柔道整復術」は骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲などの損傷に対し「非観血的療法」という独特の手技によって整復や固定を行い、人間の持つ自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術であります。これは日本独自の治療技術であり、WHOの『伝統医療と相補・代替医療に関する報告』において、日本の伝統医療、民間療法として【柔道セラピー】という名称が紹介されています。

日本で古来より受け継がれてきた柔術。その中で生まれた柔道整復の技術はとても素晴らしいものがあり、本学科では西洋医学をベースに伝統医術である柔道整復術の継承を行なっていきます。大学での学びにおいて科学的な根拠を示すことができる能力を身につけ、これからの時代に活躍・貢献できる人材を輩出していくことを目的としています。

そのひとつとしては超音波画像装置(エコー)を臨床実習に取り入れ、それによって骨折・脱臼・捻挫等の適切な観察・評価法を実践し、現代の医療に対応できる知識や技術を身につけさせます。

また本学科の特徴としては柔道整復師の国家資格だけでなく、日本スポーツ協会認定のアスレチックトレーナー、日本指導者協会認定のトレーニング指導者、そして日本スポーツリハビリテーション学会認定のトレーナーの資格が4年間で一緒に取得可能です。こういった資格を取得することによって、スポーツ活動現場において競技者に様々な対応ができるようになります。

是非、本学科で柔道整復師の資格と共に様々な資格取得にチャレンジしてみて下さい。

  • 学部紹介MOVIE 医療科学部
  • NEXTオープンキャンパス
  • TEIKAジャーナル
TOP