地域連携

概要

地域連携推進センター概要

地域連携推進センターは、本学の地域連携活動の推進を目的に設立され、多くの教職員の参画を得ながら活発な活動を展開しています。それらの多様な活動が共通の目的に向かって進められるように、センターの目的や使命は、「ミッション・ステイトメント」として簡潔な文章にまとめています。また変化する時代の要請に応えた活動を行うために「短期目標」を設定し、主催事業や助成事業の選定、プランニングの指針としています。

地域連携推進センターの役割

  • 地域連携のためのプロジェクトの支援、企画、実施
  • 地域連携に関する連絡調整
  • 学内外の地域連携活動に関する情報の一元化
  • ホームページなどを通じた地域連携活動の学内外への発信

ミッション・ステートメント

帝京科学大学の地域連携推進センターは、「いのちを学ぶキャンパス」に集う本学の学生や教職員が地域の様々な主体と連携して行う社会貢献活動を推進・支援し、より確かなパートナーシップの構築を目指します。それらの活動を通じ、特色ある本学の教育や研究の成果を積極的に地域社会に還元し、地域の課題の解決や、持続可能な社会の実現に貢献すること目的とします。またその過程で、実践的な教育や研究の機会を創出します。

短期目標

  • 地域の諸団体等との共創(Co-Creation)による新しい価値、サービス等の創出
  • 本学の特徴となっている動物を介在させた活動の深化
  • 社会的包摂、レジリエンスなど、今日的な社会課題へのコミットメント

地域連携推進センターの体制・メンバー

地域連携推進センターの構成員は、センター業務を統括する「センター長」を筆頭に、センター長を補佐する「副センター長」、各学科・センターから選任された教員および職員によって組織されています。

活動の分野を以下の3分野に整理し、分野ごとに「コーディネイター」を配置しています。

  • 「教育推進」 : 学生が参画するなど教育的な側面で効果が高い活動
  • 「研究推進」 : 論文、製品化など研究成果が期待される活動
  • 「社会貢献」 : 地域社会への貢献に資する活動
また、より迅速かつ効率な活動を推進するため、千住・東京西両キャンパスのそれぞれにコーディネイター及び地域連携担当の専任職員を配置するなどロバスト性に富んだ全学的な体制を組んでいます。

地域連携推進センターの構成員一覧

地域連携推進センター長 古瀬 浩史(生命環境学部 アニマルサイエンス学科)
地域連携推進副センター長 花園 誠(教育人間科学部 こども学科)
分野千住キャンパス東京西キャンパス
教員教育推進(学生助成)

●小黒正幸(医療科学部 東京柔道整復学科)

●並木美砂子(生命環境学部 アニマルサイエンス学科)

 飯泉祐美子(教育人間科学部 幼児保育学科)

 佐野秀明(医療科学部 柔道整復学科)

 東克己(生命環境学部 生命科学科)

研究推進(教員助成)

●榊原健太郎(総合教育センター)

●石井孝弘(医療科学部 作業療法学科)

 平田敦義(教育人間科学部 学校教育学科)

 和田龍一(生命環境学部 自然環境学科)

 芹田透(医療科学部 東京理学療法学科)

 山本和弘(生命環境学部 アニマルサイエンス学科)

社会貢献

●髙木悦子(医療科学部 看護学科)

 渡辺長(医療科学部 理学療法学科)

 橋本慎治(生命環境学部 自然環境学科)

 上野良平(生命環境学部 生命科学科)

 淺沼太郎(医療科学部 医療福祉学科)

職員

花本康弘(研究支援・地域連携第1係長)

内山祐二郎(東京西事務室長)

手代木佐和子(研究支援・地域連携第1係)

山口靖(地域連携第2係長)

佐藤仁紀(研究支援・地域連携第1係)

諸角祐紀(研究支援・地域連携第2係)

●:コーディネイター

地域連携推進センター年報「地域連携研究」編集委員一覧

年報「地域連携研究」編集委員長   山本和弘(生命環境学部 アニマルサイエンス学科)
年報「地域連携研究」編集委員    古瀬浩史(生命環境学部 アニマルサイエンス学科)
花園誠(教育人間科学部 こども学科)
榊原健太郎(総合教育センター)
淺沼太郎(医療科学部 医療福祉学科)

まち×人×大学をつなぐ情報誌「帝京科学大学通信」編集委員一覧

情報誌「帝京科学大学通信」編集委員 古瀬浩史(生命環境学部 アニマルサイエンス学科)
花園誠(教育人間科学部 こども学科)
石井孝弘(医療科学部 作業療法学科)
上野良平(生命環境学部 生命科学科)
榊原健太郎(総合教育センター)

地域連携推進センター構成員の紹介


TOP