アニマルサイエンス学科

コースの紹介

アニマルセラピーコース 東京西キャンパス

動物とのふれあいから生まれる効果。学びのアプローチは多種多様。

動物と接することで、人間の心身にはさまざまな変化が生じます。心理学や教育学、人間工学、精神医学など、多角的な視点からその変化のメカニズムを探究するのが、アニマルセラピーコースの学びです。動物だけでなく、その対象となる人間についても学びながら、人間と動物のより良い関係や、動物が人間の社会に与える効果について、科学的に解明することをめざしています。

動物介在人間工学 研究室
小川 家資 教授

動物がもたらすセラピー効果を科学的に調査・研究

動物介在人間工学 研究室

イヌやネコを眺めたりさわったりすると、なんとなく、こころが安らぐ、楽しくなる......動物の「介在」による、こうした現象を科学的に調べているのが私たちの研究室です。脳波や心拍などを計測することで、イヌやネコ、馬などの介在効果のエビデンス(証拠)となるデータを収集しています。「イヌの睡眠時間」など、学生たちの着眼点もさまざまです。忍耐力が必要な研究ですが、そのぶん発見の喜びも大きいもの。自分が興味を持ったことを、思いきり研究してください。

伴侶動物、介在効果、乗馬療法、効果計測、イヌやネコの睡眠

介在動物学 研究室
山本 真理子 講師

現場に出て、人と動物の関わりを解き明かす

介在動物学 研究室

人と動物の、さまざまな関わりについて研究するのが「動物人間関係学」。特に近年、健康や福祉、教育などの分野で動物がもたらす効果が注目されています。研究室の学生は、アニマルセラピーの実践の場や、さまざまな勉強会などに参加し、動物だけでなく人とも交流しながら、どの動物をどのような場に介在させることで効果が生まれるかを探究しています。研究や実践を通じて培われるコミュニケーション能力や積極性は、将来どんな仕事に就くうえでも役立ちますよ。

介在動物(ウマ、イヌ、ウサギ)、障がい者、高齢者、福祉

人間動物関係学 研究室
門多 真弥 助教

人のこころの視点から、人と動物の関係を考え、学ぶ

介在動物学 研究室

現代社会では不登校や精神疾患、発達障がいや高齢になったときの生活など、生きていくうえでさまざまな「困難」を抱える人が多くいます。臨床心理学はそんな困難を抱く人や集団に対して心理学の知識や技術を用いて働きかける学問。研究室では、そのような人のこころの視点から、人と動物の関係について考え、困難へのアプローチの可能性を研究しています。人と動物の関係のひとつである「動物介在介入」は、人と動物とのふれあいなどを通して、人と人とをつなぐきっかけにもなります。

動物介在介入(AAI)、臨床心理学、発達障がい、福祉

TOP