学校教育学科

コースの紹介

中高理科コース 千住キャンパス

サイエンスの面白さを伝える理科教員を養成

情報や技術の重要性が高まる現代社会。未来を担う子どもたちに、理科の面白さを伝え、科学的に物事を考えられる教員が教育現場で求められています。本コースの特長は、天文学、生物学、物理学など、専門性を持った教員が揃っていること。サイエンスに関する興味・関心に応え、学生の視野を広げます。

Point 1

生徒に対する理解力と専門性を兼ね備えた理科教員に

理科に関する豊富な知識を身に付けながら、さまざまな個性を持った生徒を理解する力や、教員としての人間性を養います。理科教育と人間教育の両面で、生徒の疑問に的確に対応できる教員を養成します。

Point 2

専任教員による少人数教育中高理科の学び直しをサポート

本コースには、天文学、生物学、物理学、地球科学、環境化学、理科教育学など、中高理科に関わる専任教員が在籍しています。学生一人ひとりの習熟度レベルに応じて、中高理科の学び直しをサポート。定員20名の少人数制教育できめ細かな指導を実現しています。

Point 3

コース・ホームルームで大学生活をサポートします

毎月のホームルームでは、教員採用試験模試へのチャレンジの他、学習や生活の悩みを相談できる個人面談などを行っています。教員になる意欲を高めつつ、楽しく実り多い大学生活が送れるよう、全面的に学生生活をサポートします。

授業紹介

生物学実験

化学実験

さまざまな化学実験を通して物質や現象を化学的視点でとらえる

実験器具や薬品の取り扱い方をはじめ、二酸化炭素の状態変化、水溶液の滴定、メチルオレンジの合成など、無機化学と物理化学、有機化学の領域においてさまざまな化学実験を行います。実験を通して物質の構造や反応、物性などについて、原子・分子レベルで理解を深めることにより、自然や身の周りの現象、物質に対して理科教員に求められる化学的視点を養っていきます。

物理学実験

教職実践演習(中・高)

教員に求められる資質や能力を改めて考察・認識する

教職課程の総まとめとしてこれまでの学びを振り返り、学校経験にあてはめて考えるとともに、教員として必要とされる資質能力を総合的かつ確実に身に付けることをめざす演習です。生徒理解や学級経営、教科の指導力といった主要テーマに応じ、グループワークや役割演技、対話・討論など、さまざまな手法を用いて考察を深め、よりよい教育者としてのあり方を全員で見いだしていきます。

TOP