理学療法学科

Department of Physical Therapy

理学療法学科
(東京西キャンパス)

幅広い知識と技術に加え、人間性を学ぶ4年間

人体の仕組みを理解することから始まり、ケガや病気に対する治療方法など、幅広い学びを展開。リハビリテーションの専門家である理学療法士に必要な知識と技術を体系的に学んでいきます。国家資格を取得するだけでなく、豊かな教養やチームで働くために必要な人間性、生涯を通じて学び続けるための姿勢を備えた理学療法士を養成します。

イメージ

3つの特色 Features

Point 1

特色1

早期からの学外実習で理学療法の実践スキルを磨く

これからの時代に活躍する理学療法士には、人体を科学的に見つめる視点をはじめ、ケガや病気の予防など、幅広い知識と技術が必要です。本学科では早期からの学外実習により、患者さんと接するためのコミュニケーション能力や、患者さんの気持ちを理解する方法なども実践的に学びます。

Point 2

特色2

最新の研究に接することができる環境で将来にわたり学び続ける姿勢を養う

本学科では、理学療法についての学術的な研究も多く行っています。理学療法だけでなく医学など多彩な専門性を持った教員がおり、近隣の病院や施設に勤務する卒業生と連携しての共同研究を実施しています。学生はこれらの研究に参加することで、理学療法士として研究を続けるための姿勢を修得します。

Point 3

特色3

動物介在療法やロボットセラピーなど将来の幅を広げる学びも

アニマルサイエンス学科と連携しての動物介在療法や動物を介したリハビリテーション、こども学科と連携してのロボットセラピーなどの科目も履修することができます。最新のリハビリテーション法についての知識を深め、現場に出た際の対応の幅を広げます。

学科長あいさつ Voice

リハビリテーションの専門家として
ケガの予防や精神的な
ケアもできる理学療法士に


学科長・教授
中山 彰博

理学療法士の役割とは、病気やケガ、障がいのある人がより良い生活ができるよう、リハビリテーションを通じてサポートすることです。リハビリテーションの仕事というと「機能の回復」をめざすものと想像しがちですが、実際の臨床の現場では、患者さんの精神的なケア、病気やケガを予防するための教育など、さまざまな役割を果たすことが期待されています。本学科では、患者さんに適切なリハビリテーションを行うための知識と技術だけでなく、学修や研究を続けるための姿勢、他の専門職と連携しながら仕事をするためのコミュニケーション能力、さらに「人を思いやる気持ち」を持った理学療法士を養成します。

  • 学部紹介MOVIE 医療科学部
  • NEXTオープンキャンパス
  • TEIKAジャーナル
TOP