こども学科

コースの紹介

幼稚園教諭・保育士コース 東京西キャンパス

子どもの感性と好奇心、科学的な思考力を育む

子どもの教育・保育について学び、幼稚園教諭・保育士の免許・資格取得をめざすコースですが、学びの内容はそれだけではありません。動物やロボットを介在させた教育の手法など、子どもたちに「いのちの大切さ」「科学的なものの見方」を伝え、子どもの創造性を育てるための知識と技術の取得にも力を入れています。さらに、社会人として必要な「幅広い教養」も身に付けます。

Pick up 1

乳児保育

乳児保育

保育所において3歳未満児の保育を行うために必要な知識と技術を学ぶ授業です。子どもの心身の発達差や個人差について理解し、一人ひとりの子どもに合わせた保育計画を立てることの重要性を理解します。また、保護者に対する声かけや助言など、保育の専門家として子育てをサポートする手法についても学んでいきます。

Pick up 2

保育内容演習(環境)

保育実習指導Ⅱ

保育所実習に向けて総合的な準備を行う事前指導と、実習後のまとめを行う事後指導の授業です。事前学習では、実習の目的を確認するとともに、実習計画書を作成。責任実習とは何かを理解しながら模擬保育を実践します。12 日間の実習では子育て支援の方法や保護者への対応も学びます。事後指導では自らの課題を明らかにしながら保育実習全体への総括を行います。

Pick up 3

子どもの食と栄養

子どもの食と栄養

小児期の栄養と食生活について、栄養素の種類とその働き、日本人の栄養摂取量、健康的な食事のバランスなど幅広い学びを通して理解し、保育の専門家として子どもの「食」を支援する力を養うのが目的です。乳幼児、学童から思春期に必要な栄養や、献立作成の考え方や手法といった基礎調理理論についても具体的に学びます。

教員の声

青木 直樹 特任助教

青木 直樹 特任助教

新卒でも即戦力として通用する人材を養成。
社会力を身に付けた素敵な先生になれます

人材不足の保育界では即戦力が求められていて、新卒でもすぐ担任を任されることが多くなっています。
一方、子どもの保護者は質が高く充実した保育を求めています。矛盾するニーズのなか、TEIKA の学生たちは1年生の早い時期から地域の幼稚園や保育園で現場体験を積むことによって、質の高い即戦力を培うことができています。また、「社会力」を養うため、学生とともにお祭りなどの地域イベントにも積極的に参加しています。社会力とは、その環境や集団をさらに良く作り替える力のこと。社会力を発揮して、子どもたちにとっても自分にとっても、居心地の良い環境を作ってください。

TOP