アニマルサイエンス学科

コースの紹介

野生動物コース 東京西キャンパス

大自然の中でのフィールドワークなど、実践的な学びが充実

「野生動物の生態に興味がある」「絶滅危惧動物を保護する方法とは」「動物の行動と、環境との関係とは」野生動物コースには、学生の興味・関心に応える多彩な研究室があります。自然に恵まれた東京西キャンパスの環境を活かした、野外でのフィールドワークなどの機会も豊富。動物について学ぶことを通じて、人間と動物が共生できる新しい未来について考察します。

動物生態学 研究室

動物生態学 研究室
森 貴久 学科長・教授

人間とは異なる、さまざまなふるまい(行動)を見せる動物たち。その理由を生物的に考えるのが、動物行動学という学問です。観察などのフィールドワークを行い、その動物が置かれている状況を多角的にとらえながら、動物がとる行動について解き明かしていきます。そして、研究をまとめる過程では、論理的に物事を考える力を身に付けていきます。動物の世界を知ることは、社会を見る目を養うことにもつながります。探究心旺盛な学生の活躍を期待しています。

ペンギン/オットセイ/アザラシ/カモ/行動学/生態学

水生動物学 研究室

水生動物学 研究室
森 恭一 教授

船舶や陸上から、目視や水中マイク、水中カメラなどを用いて、クジラやイルカの分布や移動、生活リズム、行動などについて調査しています。また「人と動物の共生」という観点から、ホエールウォッチングなどの「観光利用」についても研究しています。野外での実習が数多くあることから、学生は「準備を綿密に行い、現場では臨機応変に対応する能力」を身に付けます。こうした力は動物分野に限らず、将来どのような分野に進んでも役立つのではないかと感じています。

クジラ/イルカ/小笠原/ホエールウォッチング/海洋観光/エコツーリズム

環境教育・インタープリテーション 研究室

環境教育・インタープリテーション 研究室
古瀬 浩史 教授

自然公園やミュージアムなどを訪れた人に、動物や環境に関する、わかりやすい「学び」の機会を提供する「インタープリテーション」。研究室では、自然の素晴らしさ、不思議さを伝える教育プログラムの開発や実践的な解説スキルのトレーニングなど、優れたインタープリテーションを行うための手法を研究しています。環境保全と地域振興、両方の視点を併せ持った人材、企業やNPO、地方都市などの現場で活躍できる人材の養成が目標です。

インタープリテーション/自然公園/環境教育/環境保全/生物多様性保全

動物社会学 研究室

動物社会学 研究室
島田 将喜 准教授

「遊び」とはいったい何でしょうか。私たちは誰でも「遊んだ」経験がありますし、動物が「遊んでいる」姿を目にしたこともあるでしょう。しかし、実は「遊び」とは、さまざまな分野の研究者をいまも悩ませる、未解明の部分が多い研究課題です。この研究室では、ニホンザルやチンパンジー、そして人間の「遊び」に着目し、それらを観察・比較することで、「遊び」の解明をめざしています。研究を通じて自然に親しむと同時に、その素晴らしさ、恐ろしさも知ってください。

ニホンザル/奥多摩/ノネコ/ヤンバルクイナ/遊び

理念

自然をフィールドワークから理解する

人と動物の共生というとき、その動物はコンパニオンアニマルだけとは限りません。野生動物ももちろん対象になります。したがって、人と動物の共生を考える場合、野生動物との共生も考えなくてはいけません。また,野生動物というのは、そのイメージとは違って自然に囲まれた地域だけでなく、ビルに囲まれた都会でも数多く生息しています。そして、そこに人と野生動物が暮らしている以上、両者はよりよい共生のもとで暮らしていく必要があります。

しかし、いくら都会で人が多いところでも、あるいは人とあまり接していないところでも、野生動物のほうから人と共生するためにアプローチをしてくるということはありません。ですから、野生動物を理解してよりよい共生を実現するためには、彼らが暮らす環境の中に人のほうが入っていかなくてはなりません。人のほうが野外に出て対象を調査して理解する。それをフィールドワークといいます。フィールドワークを通じて自然の中におかれている野生動物を理解することで、人と動物の共生を考え野生動物との共存を目指す。これが野生動物コースの理念です。

野生動物コースでは、野生動物そのものを対象にして学ぶだけでなく人と自然を結びつけることにも重点をおいて学びます。人と野生動物の共生を考えるためには、人が自然をより深く理解することが必要ですが、そこで人と自然をつよく結びつける手助けがあれば、より確実に野生動物との共生に近づくことができるからです。教員は皆、豊かなフィールド経験を持つ国際的にも第一線の研究者達で、動物の生態から環境教育まで、幅広い分野をカバーしています。

現在、人と自然を結びつける分野に対する社会的要請や期待は、近年の環境保護意識の高まりとともに大きくなってきています。また、社会は現代の様々な環境問題に的確に対応できる人材を求めています。このような分野と関連する生物多様性保全、環境教育、エコツーリズム、自然再生等についての法的整備も進みました。野生動物コースは人と動物の共生という理念のもと、自然と野生動物について深く理解し、それを社会に発信することで社会に貢献できる人材を育てています。

学びの特色

恵まれた自然を舞台にした教育

学科イメージ

このコースでは、豊富なフィールドワーク実習を用意しています。例えば小笠原諸島で行う鯨類調査実習、人を恐れないサルやシカが住む島に泊まり込んでの実習、大学周辺の豊かな温帯林を舞台にした実習、外国の自然保護事情を学ぶ海外実習等があります。

野生動物コースのある東京西キャンパスは、東京都、神奈川県、山梨県の県境に位置しています。JR中央線八王子駅から電車で25分の距離でありながら近くには森や里山、川や湖などがあり、豊かな自然に恵まれています。大学周辺の温帯林は中部日本の典型的な温帯林で、アナグマやタヌキ、テン、リスなどが数多く生息していて少し足を伸ばせばニホンザルやニホンジカ、ツキノワグマの姿もみられます。そして、それらを対象にした卒業研究もこれまでに多く行われています。また、野鳥や昆虫についても多くの種類が観察できるので野生動物を対象にした研究はもちろん、それらを人に解説して人と自然を結びつける実践活動も容易にできる環境にあります。

研究のテーマ・内容

#01環境教育/インタープリテーションの実践と研究

野生動物を研究して得られた知見を、誰にどのように伝えたらいいか考えたり、聞き手に理解していただく手法を身につけることは、これからの時代に非常に重要なことです。その技術はインタープリテーションと呼ばれています。また、環境教育は「身の回りの環境を大切に考え、自ら行動していける人を育てる教育活動」です。環境教育/インタープリテーション研究室では、野生動物を含む自然全般を素材とした環境教育/インタープリテーションに関する、プログラムづくり・指導方法・システムづくり・評価・人材育成などの研究を直接解説(パーソナルインタープリテーション)、展示や印刷物・映像などの間接解説(ノン・パーソナル・インタープリテーション)の切り口から実践的に研究を進めています。

環境教育/インタープリテーション研究室

#02大型海洋動物の分布生態

数千kmにもおよぶ回遊をするクジラ,特定の海域に頻繁に姿を現すイルカ、大海原を飛び交う海鳥,深海に生息する大型のイカ・・・。動物の分布や移動について知ることは、生物学的な興味だけでなく、私たちがその動物を利用もしくは保護管理しようというときに重要な情報となります。水生動物学研究室では、船舶や陸上からの目視調査、水中マイクや水中カメラ、各種センサーなどの機器を用いた調査・聞き取り調査などを駆使して、まだまだ謎に包まれている大型海洋動物の分布生態の解明を進めています。対象動物:ザトウクジラ、マッコウクジラ、ミナミハンドウイルカ、ハシナガイルカ、アホウドリ類、ダイオウイカなど。対象海域:北太平洋全域、太平洋島嶼国、小笠原諸島、能登島(石川県)など。

水生動物学研究室(森恭一研究室)

#03動物の行動学的・生態学的研究

動物のふるまいというのは複雑ですが無秩序ではありません。そこには何か合理的な理由があります。動物生態学研究室では、ある生き物が示すふるまいについてどうなっているのだろう、なんでそういうことをするのだろう、という観点から生物学的に明らかにします。教員自身は、最適採餌の観点からみた潜水動物の意思決定が研究テーマですが、学生の卒業研究では粘菌の距離認知、ギンメッキゴミグモの網の形状、オナガガモの越冬池での性比、ムササビの活動への観察会の影響、ヤンバルクイナの交通事故リスク、GPSを用いたツキノワグマの追跡調査など様々なテーマがあります。テーマは様々ですが、これらはいずれも「どうなっているのだろう」「なんでそうなるのだろう」という観点から生き物のふるまいを生物学的に理解しようとしたものです。

動物生態学研究室(森貴久研究室)

#04野生動物の探究

動物社会学研究室では、主に野生動物の探究に力を入れていますが所属する学生はみんなで一つの対象を研究するということはありません。学生に期待されているのは「一人前のフィールドワーカーになる」という一点だけです。調査対象、調査地は何でもよく実際学生によって様々です。それぞれが全国各地でヒト、サル、鳥類、魚類あるいは地元の人々と野生動物との関わりなど、自分で探しだした対象やテーマにしたがって長期調査しております。

フィールドワークは単なる山歩きやピクニックとは違います。目的を持ち下準備を万全にし、現地の人たちとの交渉を円滑に行い、そのうえで資料収集し無事に帰るという実践。さらに持ち帰った資料を分析し論文にまとめる実践のすべてを含みます。当然大きな責任が伴います。厳しい作業にも思えますが、満足のゆくまで対象と向き合い自分の力で問いを見つけ、それを解くところまで自分でデザインできるという大きな喜びがあるのがフィールドワークです。

動物社会学研究室(島田将喜研究室)

学生に勧める資格

アニマルサイエンス学科 野生動物コースのカリキュラムに関連する資格には以下のようなものがあります。

  • (1)博物館学芸員
  • (2)生物分類技能検定(2級)
  • (3)ビオトープ管理士
  • (4)プロジェクトワイルド(PW)
  • (5)プロジェクトウェット
  • (6)プロジェクトワイルドツリー(PLT)
  • (7)CONEリーダー(自然体験活動推進リーダー)

(1)は動物園や水族館などの博物館関連施設に就職する際に有利な資格で、大学所定の学芸員課程を別途履修することで取得できます。(2)と(3)は環境調査などの企業に就職する際に有利な資格で取得のためには資格試験に合格する必要がありますが、それぞれの試験内容に関連する実習や講義科目が用意されています。(4)~(7)は環境教育で仕事をしようとする人にとって有利になる資格で、PWは動物を活用したアメリカで頻繁に活用されている環境教育プログラムの指導者研修、ウェットは水に関する生物を素材とした環境教育の指導者、PLTは樹木を活用した環境教育の指導者養成です。これらについては用意された実習を履修することで取得できます。

また,カリキュラムとは直接関係ないものの外部研修や講座を受講することで取得できる野生動物コースと関連のある資格には以下のようなものがあります。

  • (1)インタープリタートレーニングセミナー修了認定
  • (2)自然体験活動指導者(学校長期自然体験活動指導者講座)

(8)は外部団体による研修ですが,インタープリターとして活動するためには必修かつ、おススメの研修です。(9)は2013年から学校に導入される長期自然体験活動(文科省)の指導補助者の資格です。これに上記(7)CONEリーダーを合わせると「補助」がとれて「指導者」としての資格が認定され、卒業後に学校の長期自然体験活動の指導者として活動することができます。

これらの他に救急法やスクーバダイビング、潜水士、船舶免許などの資格があると野生動物の調査に役立ちます。

卒業後の進路

野生動物コースのカリキュラムから考えられる進路としては、人に自然や野生動物を紹介・解説して理解を深めてもらう仕事、自然や野生動物そのものを対象にする仕事があります。具体的には以下のようなものが挙げられます。

環境教育・インタープリテーション関係として環境教育施設(ビジターセンター・自然観察センター・企業環境館等)のインタープリター、自然学校の指導者(環境教育/野外教育の指導者)、エコツアーのガイド、環境教育/野外教育の組織(財団法人/NPO法人など)、自然保護関係組織、地域活性関係の仕事などの他に水族館や動物園の飼育員、環境アセスメント等を行っている調査会社、ダイビングインストラクター、自然保護員(レンジャー)。

いずれも小規模な団体に所属することが多くなりますが、仕事内容としては自然を相手にするやりがいのある仕事です。

TOP