幼児保育学科

Department ofEarly Childhood Education & Nursing

幼児保育学科
(千住キャンパス)

乳幼児期における成長を、専門家としてサポート

幼稚園と保育所の統合、認定こども園など、進化・変革が続く幼児・保育教育の現場。これからの現場で求められる「幼稚園教諭」「保育士」の2つの免許・資格を取得し、子どもの発達を適切に支援することができる専門家を養成します。本学ならではの取り組みである「動物介在教育」をはじめ、食育や心理学など、実践力を高める授業が数多く用意されています。

イメージ

3つの特色 Features

Point 1

特色1

幼稚園教諭・保育士資格のダブル取得

「幼保一体化」により、幼稚園教諭免許と保育士資格を併せ持つ人材のニーズが高まっています。本学科では、これら2つの資格・免許を取得するカリキュラムを用意しています。複雑化する現代社会で子どもの成長を適切にサポートするため知識を学べます。

Point 2

特色2

地域との連携、動物介在教育など実践力をはぐくむ独自のカリキュラム

キャンパスのある足立区と連携し、保育所でのボランティア活動や、工作教室、クッキング体験の実施などの活動を展開。本学ならではの「動物介在教育」では、子どもたちにいのちの大切さを伝え、科学的な視点を養います。こうした活動を経験することを通じて、現場での実践力、応用力を高めていきます。

Point 3

特色3

助言教員制度で1 年次から学生を徹底フォロー

「助言教員制度」により、1人の教員が入学から卒業まで学生を丁寧にサポート。1年次の「基礎ゼミ」では、レポート作成、文献の検索方法など、大学での学びをスムーズに開始できるようフォローします。ピアノは個人レッスンの形態をとり、それぞれのレベルに対応したレッスンを受けます。卒業時には保育者として必要なレベルの演奏が可能となります。

学科長あいさつ Voice

子どもに寄りそい、その可能性を引き出すために


学科長・教授
上田 玲子

本学科は、子ども一人ひとりの長所や可能性を引き出し、健やかな成長(発育・発達)をしっかりサポートできる保育者の養成をめざします。その柱となるのが「子育て支援」「動物介在教育」「食育」という学びです。このうち「子育て支援」では「のびのびプレイデイ」や「出前授業」のようなイベント、そしてボランティア活動を通じて子育ての現場を体験し実践力の土台作りをするので実習に役立ちます。そしてこれらの現場体験を学問としての理論構築につなげます。これからの保育士は子どもが大好きだけでは不十分です。深い教養と科学的根拠に裏付けられた実践力を大学の4年間でじっくり養います。

  • 教育人間科学部 紹介MOVIE
  • NEXTオープンキャンパス
  • TEIKAジャーナル
TOP