幼児保育学科

Department ofEarly Childhood Education & Nursing

幼児保育学科
(千住キャンパス)

乳幼児期における成長を、専門家としてサポート

幼稚園と保育所の統合、認定こども園など、進化・変革が続く幼児教育・保育の現場。これからの現場で求められる「幼稚園教諭」「保育士」の2つの免許・資格を取得し、子どもの発達を適切に支援することができる専門家を養成します。保育園での実習やフィールドワークを通して実践力が身に付きます。

イメージ

3つの特色 Features

Point 1

特色1

幼稚園教諭免許・保育士資格のダブル取得

「幼保一体化」により、幼稚園教諭免許と保育士資格を併せ持つ人材のニーズが高まっています。本学科では、これら2つの資格・免許を取得するカリキュラムを用意しています。複雑化する現代社会で子どもの成長を適切にサポートするための知識を学べます。

Point 2

特色2

「千住桜木保育園」・地域との連携

2020年4月、本館の並びに「帝京科学大学千住桜木保育園」が開園しました。学生は、この保育所でのボランティア活動や子どもたちとのふれあいを通して、乳幼児の育ちを直に感じ取って学び、座学での学びと往還しながら学修を深めていきます。また、キャンパスのある足立区と連携し、地域の親子を招いてさまざまな遊びを体験してもらう「のびのびプレイデイ」を実施し、ブース内容の企画、準備、実践、振返り等の体験を通して、現場での実践力を高めます。

Point 3

特色3

助言教員制度で1年次から学生を徹底フォロー

1人の教員が入学から卒業まで4年間にわたって学生を丁寧にサポートする「助言教員制度」を取り入れています。1年次の「基礎ゼミ」では、レポート作成、文献の検索方法など、大学での学びをスムーズに開始できるようフォローします。

学科長あいさつ Voice

子どもに寄り添い、その可能性を引き出すために


学科長・教授
林 友子

 乳幼児期は、人間形成の基礎が培われる非常に重要な時期です。この時期の子供たちの保育・教育に携わろうと考えている皆さんは、子供たちにどのような資質や能力をはぐくむことが大切だと考えますか?また、そのためには、自分自身、何を学び、どのような資質や能力を身に付けようと考えていますか?


 2020年度の幕開けは、新型コロナウィルス感染症のパンデミックという、世界がこれまで経験したことのない事態に陥りました。見えない敵に向かって人類が叡智を結集してこの危機を乗り越えようとしています。


 片方で地球温暖化による異常気象等も考えると、私たちには自然を正しく理解して恐れ、且つ、自然と共生していくことが求められています。そして、その根源には生命の尊厳という理念も重要です。


 幼児保育学科は、「子どもを慈しむ温かい心をもち、生命の温もりと自然の豊かさと美しさを伝える」保育者をはぐくむことを基本に、皆さんに主体的に学ぶ力、課題や困難に立ち向かっていく意欲、専門的識見、表現力や実践的指導力などを身に付けていただけるよう、教職員一同ワンチームで指導・支援して参ります。

  • 教育人間科学部 紹介MOVIE
  • NEXTオープンキャンパス
  • TEIKAジャーナル
TOP