学校教育学科

コースの紹介

小学校コース 千住キャンパス

さまざまなチャレンジを通じて実践力と応用力のある小学校教員に

6歳から12歳という、幅広い年齢の子どもと接するのが小学校教員。本コースでは、子どもを理解する深い洞察力をはじめ、子どもの発達に応じた魅力的な授業を展開する力、信頼関係を築く力を身に付けた小学校教員の養成をめざします。

Point 1

苦手科目を克服するための学び直しサポート

小学校では多くの科目を学級担任が担当するため、苦手科目があることは小学校教員をめざす者にとって弱点となります。本コースでは、苦手科目を学び直し、早い段階で克服するためのカリキュラムを用意しています。

Point 2

1年次から現場を経験理論と実践、どちらもバランスよく高める

ボランティア活動などを通じて、1年次から地域の教育現場を経験。授業で得た知識を現場で実践し、現場で得た経験を大学に持ち帰り、自ら「課題を発見し、解決する」プロセスを学びます。

Point 3

学年を越えたホームルームを開催し深まる一体感

基礎ゼミが終わった2年次以降も定期的にホームルームを開催し、現場の教員や先輩学生からアドバイスを受けるなど、小学校コース全体で教員になることをめざします。

授業紹介

器楽

教育の方法と技術演習

ICTの活用により教育効果を高める授業を学ぶ

プロジェクターや電子黒板、デジタル教材など小学校の学習指導においてもICTの活用が進んでいます。演習では授業技術やその評価といった基本的な教育方法と、小学校における情報教育を学んだうえで、さまざまなICT 教材を実際に作成して模擬授業を行います。これによりICT活用の教育効果を高める授業をするために必要な知識や技術が養われ、教員としての実践力が高まります。

算数(小)

社会科演習

「社会科」の授業づくりに必要な教材の扱いや資料分析力を修得

社会科の授業に必要な史料・資料の読み取りや、その内容を加工して教材を作る技術、また地図や地球儀の取り扱い方と指導法、社会科見学の手法などを学びます。演習では千住キャンパスのある足立区の新旧地形図から読み取った情報をもとに大学周辺を野外観察するほか、各種統計から足立区の変容と特色を考察します。千住消防署の見学などもあり、身近な地域から社会科の視点を養います。

TOP