学校教育学科

コースの紹介

国際英語コース 千住キャンパス

英語でコミュニケーションが取れる いま求められる英語教員を養成

グローバル時代のいま、日常の場面でも英語を使う機会がますます増えています。将来、生徒が堂々と「使える英語」を話すには、先生の指導が大切。国際英語コースでは、「英語の授業を英語で行える」教員を養成します。

Point 1

アジアの小・中学校で異文化を体験しながら教育実習を実施

海外の教育事情を知る「海外教育実習」に参加可能。提携を結んだアジア圏の小学校や中学校で約1週間、主に日本文化を紹介する授業を行います。日本と同じく英語を母語としない国で教員として求められる指導力やコミュニケーション能力、積極性などを養います。

Point 2

教員との距離が近い少人数教育だから
使える英語力が身に付く

1学年定員30名という、きめ細かな少人数教育が特長。教員と「1対1」で会話をする機会が多いので、一人ひとりの理解度に合わせたきめ細かな指導が可能です。文法などを基礎から見直すことで「英語の授業を英語で行える」ようになるまで、教員がしっかりサポートします。

Point 3

地域の子どもたちと交流するTEIKA English Day を開催
英語を教える楽しさを実感

年に2回、千住キャンパスに地域の園児や小学生を招き、一緒に歌や踊り、ゲームを楽しむ「TEIKA English Day in Senju」を開催しています。実際に子どもたちとふれあうことで、英語教育の楽しさを実感することができます。

授業紹介

Classroom English

英語科教育法 Ⅰ・Ⅱ

オールイングリッシュでの授業に求められる知識と指導技術を修得

中学校・高校で「英語の授業を英語で行う」ために必要な知識や指導技術を身に付ける授業です。英語教育学や第二言語習得に関する理論を学びます。また、英語を教えるための指導法、指導手順、指導技術を、模擬授業を通じて修得していきます。

Reading Comprehension

English Pronunciation Workshop Ⅰ・Ⅱ

正しい英語の発音とともにコミュニケーションスキルを向上

単語の強勢や音韻、イントネーションなど英語の発音規則を学び、発音記号を見て正しく発音する力を身に付ける授業です。授業は教科書に沿って英語発音規則を学び練習を繰り返すインプットステージと、複数の相手と実際に英語で会話するアウトプットステージがあり、正確な発音とともに英語によるコミュニケーションスキルを養うことができます。

TOP