教員一覧

教員詳細

大西 奈保子 (おおにし なおこ)

大西 奈保子

役職:教授・博士(人間科学)

主な研究と活動

1. 在宅での看取りおよび在宅ホスピスケアに関する研究
2. 高齢者施設での看取りに関する研究
3. 災害で家族を失った遺族ケアに関する活動および研究

キーワード 死生学、ターミナルケア、グリーフケア
専門分野 ターミナルケア(終末期医療)、グリーフケア、成人看護学
主な研究対象

ターミナルケアに携わる看護師、在宅での看取り、高齢者施設での看取り、グリーフケア

担当科目 成人看護概論、成人看護援助論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、成人看護実習、がん看護
研究室番号 3号館 34-04
学位
  • 2006年 博士(人間科学)
卒業年月
  • 2006年 3月 東洋英和女学院大学大学院博士後期過程修了
学歴・経歴
  • 柳原病院 看護師
  • かもん宿診療所等 看護師
  • 東北福祉大学 健康科学部 保健看護学科 講師
  • 東都医療大学 ヒューマンケア学部 看護学科 准教授
  • 帝京科学大学 医療科学部 看護学科 准教授
主な著書
  • 平山正実編著『臨床現場からみた生と死の諸相(死生学叢書4)』2013年4月、聖学院大学出版会(大西奈保子分担執筆「東日本大震災とグリーフケア~教え子を亡くした悲しみとグリーフケア」)
  • 平山正実編著『死別の悲しみから立ち直るために(臨床死生学研究叢書2)』、2010年3月、聖学院大学出版会(大西奈保子分担執筆「在宅医療におけるホスピスケア~実現に向けての教育とシステム構築 の提案」pp.101-128)
  • 五十子敬子編著『医をめぐる自己決定』、成文堂、2007年12月(大西奈保子分担執筆「インフォームドコンセントにまつわる看護師の葛藤」 pp.139-146,181-196)
主な論文
  • 大西奈保子:がん患者を在宅で看取った家族の覚悟を支えた要因、日本看護科学会誌、35、225-234, 2015年.
  • 大西奈保子:在宅で看取った家族の思いと看護への応用、帝京科学大学紀要、11、41-48、2015年.
  • 大西奈保子:介護老人福祉施設で看取りケアに携わる介護者の態度、東都医療大学紀要、3(1)、31-39、2013年.
  • 大奈保子:認知症高齢者の情動・認知・行動に対する働きかけ、東都医療大学紀要、2(1)、18-24、2012年.
  • 大西奈保子:東日本大震災で家族を失った遺族の悲しみに触れて、日本臨床死生学会誌、16(1)、102-105、2011年.
  • 大西奈保子・田渋あづさ:援助者の高齢者観と看取り時における家族へのアドバイス~介護老人福祉施設での"End-of-Life care"、日本臨床死生学会誌、14(1)、69-76、2009年.
  • 大西奈保子:ターミナルケアに携わる看護師の"肯定的な気づき"と態度変容過程、日本看護科学会誌、29(3)、34-42,2009年.
  • 大西奈保子:高齢者の看取りケアと介護者の高齢者観~高齢者施設における一考察、人間科学研究会 生と死、(11)、23-32、2009年.
  • 大西奈保子・菅原千恵子:高齢者の看取り~がん患者のターミナルケアとの比較、東北福祉大学研究紀要、33、433-440、2009年.
  • 大西奈保子:日本における死の看取りの歴史と現代のターミナルケア、東北福祉大学研究紀要、32、391-400、2008年.
  • 大西奈保子:緩和ケアの歴史:感性福祉研究所年報、8、81-90、2007年.
  • 大西奈保子:ターミナル期にある患者と向き合えるための教育的な働きかけ、日本臨床死生学会誌、11(1)、43-50、2006年.
  • 大西奈保子:ターミナルケアに携わる看護師の態度と悲嘆・癒しとの関連、東洋英和大学院紀要、(2)、2006年.
  • 大西奈保子:ターミナルケアに携わる看護師の理想の看取り、日本臨床死生学会学会誌、9(1)、25-32、2004年.
  • 大西奈保子:看護師によって語られた患者のスピリチュアリティ、人間科学研究会 生と死、(6)、12-18、2004年.
  • 大西奈保子:ターミナルケアに携わる看護師のバーンアウトの様相、日本臨床死生学会誌、8(1)、36-43、2003年.
  • 大西奈保子:ターミナル期にある患者とのかかわり、日本臨床死生学会学会誌、7(1)、53-58、2002年.
所属学会等
  • 日本臨床死生学会
  • 日本看護科学学会
  • 日本医学哲学・倫理学会
  • 日本死の臨床研究会
  • 日本老年看護学会
  • 日本看護協会
その他の活動
  • 臨床生死学研究会事務局・理事
  • NPO法人グリーフサポートプラザ会員
  • 医療法人財団 シロアム会(精神科クリニック・デイケア・グループホーム等)評議員
  • 日本臨床死生学会評議委員
TOP