教員一覧

教員詳細

小橋 一雄 (こばし かずお)

小橋 一雄

役職:学科長・教授

主な研究と活動

 日本の高齢者(65歳以上)のうち、認知症の方は推計15%で、2012年時点で約462万人に上ると言われています。認知症になる可能性がある軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計され、65歳以上の4人に1人が認知症とその“予備軍”であるとされています。認知症高齢者の問題は、自分のおかれている世界の理解の不十分さや、様々な作業ができなくなる喪失感によって、不安や異常な行動が引き出されてしまうところにあります。私は、人間が「作業」を獲得するための要素"人"課題""環境"の関係について研究したいと考えています。

  また、現代のリハビリテーションは、コメディカルによるチームアプローチ が主体であることはいうまでもありません。認知症のリハビリテーションや、地 域でのリハビリテーションなど、全てにおいてそれぞれの職種単独で完結することはありません。私は作業療法を効果的に実施するためのチームの必要性を強く感じています。コーチングは、問題解決を促すための意識したコミュニケーションです。コメディカルの一員としてコーチング技術を用いた、より良い環境作りについて研究したいと考えています。

キーワード コーチング、作業療法教育、認知症
専門分野 老年期の作業療法、認知症、作業療法教育
主な研究課題
  • 作業療法学教育
  • 認知症の作業療法
担当科目 加齢障害の作業療法 基礎・応用 作業療法評価学実習 など
学位
  • 1992年 体育学士
  • 2008年 保健学修士
卒業年月
  • 1992年 3月 仙台大学 体育学部 体育学科 卒業
  • 1997年 3月 社会医学技術学院 卒業
  • 2008年 3月 杏林大学大学院 保健学研究科 修了
学歴・経歴
  • 1992年 4月 医療法人社団慶成会 青梅慶友病院
  • 2006年 4月 介護老人保健施設 飯能リハビリ館 主任
  • 2012年 4月 帝京科学大学 医療科学部 作業療法学科 講師
主な著書
  • GPnet 高齢者施設での効果的な福祉用具の活用を求めて 高齢者施設での活用事例(共著)厚生科学研究所 2005
  • 廃用症候群を作らないための活動性を高める取り組み まずは起きることから 写真で学ぶ起居動作の介助のポイント(共著)日総研2005
  • GPnet目くばり気くばり思いやり 安全・安心ケア(第12回)リハビリテーション専門職の視点での 転倒・転落事故防止(共著) 厚生科学研究所2006
  • OT臨地実習ルートマップ(共著)メジカルビュー2011
主な論文
  • KJ 法的学習法を用いた国家試験対策プログラムの学力・意識への影響 帝京科学大学紀要,10,69-78 (2014-03-31) 共著
  • 作業療法教育における本学独自の国家試験教育プログラムの開発 帝京科学大学紀要,10,43-49 (2014-03-31)  筆頭
  • 乗馬療法を取り入れた作業療法プログラムの開発に向けて 帝京科学大学紀要,11,77-81 (2015-03-31) 筆頭
  • 作業療法臨床実習における学生の睡眠と健康状態 帝京科学大学紀要,10,69-78 (2014-03-31) 共著
  • 作業療法のための動物介在療法、教育プログラムの開発に向けて 帝京科学大学紀要,12,129-139 (2017-03-31) 共著
  • 日本国内の障害者乗馬に取り組む乗馬施設の現状と今後の課題 帝京科学大学紀要,13,87-96 (2017-03-31) 共著
  • 作業療法士の介入による発達障害児の乗馬活動にかかわる職員の意識及び行動の変化 帝京大学紀要,13,97-105(2017-03-31) 共著
  • 発達障害児を対象にした乗馬コースが提供可能な感覚刺激分析の試み 帝京科学大学紀要,13,107-112(2017-03-31) 共著
  • 山間地における地域在住高齢者の生活の特徴に関する研究:上野原市西原地区における調査から 帝京科学大学紀要,13,123-130(2017-03-31) 筆頭
  • 認知症治療専門病院におけるリハビリテーション従事者と介護職間でのケア連携の検討-業務毎のストレス要因に着目して-.黒川喬介,久保田智洋,大関健一郎,小橋一雄,理学療法科学, 第32巻・3号・391~395(2017)
  • 山間地域に存在する高齢者の生活環境に関する研究~上野原市西原地区の調査から~.小橋一雄,大関健一郎,黒川喬介,石井孝弘,帝京科学大学紀要,14,117-124(2018-3-31)筆頭
所属学会等
  • 日本作業療法士協会
  • 山梨県作業療法士協会
主な学会発表
  • 第39回 日本作業療法士学会 尊厳の保持に向けた認知アプローチ -排泄機能を中心に- 
  • 第45回 日本作業療法士学会 コーチングとポートフォリオを利用した臨床実習の試み 
  • 第46回 日本作業療法士学会 気象条件が認知症に与える影響の調査
  • 第16回 世界作業療法士連盟大会 特別教育プログラムによる学生の勉強方法への意識の変化 
TOP