教員一覧

教員詳細

廣瀬 昇 (ひろせ のぼる)

廣瀬 昇

役職:准教授・博士(保健医療学)

主な研究と活動

基礎理学療法学の確立を目指して
 理学療法学分野では科学的根拠に基づいた質の高い理学療法の確立が急務とされております。また、健康寿命の延伸には、安定した生命の恒常性を維持するために、活動的な身体運動が重要と考えられています。そのため、臨床では、呼吸器、循環器障害などの限局された内部障害に限らず、さまざまな症候学的かつ障害学的な多角的視点から相互に捉える能力が必要です。
 その能力を養うためにも、重複する内部障害が抱える臨床的課題を軸に研究を進めています。現在では、内部障害に対する各種の運動療法学の基礎理解と即時的・持続的な運動生理に関する臨床応用研究、廃用性筋萎縮に対するレドックス制御、運動と栄養の併用療法に伴う骨格筋機序に関連する基礎研究などを行っております。

キーワード 理学療法士,心臓リハビリテーション指導士
専門分野 内部障害系理学療法学、運動生理学(基礎・応用)、応用健康科学
主な研究課題
  • 内部障害に対する各種の運動療法の効果および運動負荷に伴う運動生理に関する臨床研究
  • 廃用性筋萎縮に対するレドックス制御および運動と栄養の併用療法に伴う骨格筋機序に関連する基礎研究
学歴・経歴
  • 2000年 3月 東京衛生学園専門学校卒業
  • 2000年 4月 東京女子医科大学リハビリテーション部入職
  • 2007年 4月 帝京科学大学医療科学部リハビリテーション学科助教
  • 2008年 3月 国際医療福祉大学大学院医療福祉研究科保健医療学専攻理学療法学分野修士課程修了
  • 2008年 4月 帝京科学大学医療科学部理学療法学科専任講師
  • 2011年 3月 国際医療福祉大学大学院医療福祉研究科保健医療学専攻理学療法学分野博士課程修了
  • 2014年 4月 帝京科学大学医療科学部理学療法学科准教授
  • 2014年 4月 JAXA 宇宙環境利用科学委員会 生命科学分野リサーチチーム研究班班員(2015年3月まで)
  • 2014年 6月 帝京大学医学部神経内科学教室(現在に至る)
主な著書
  • 概説理学療法 第2版. 文光堂.2015.
  • 運動機能診断によって何がわかるか 筋電図を用いた運動機能診断. 関節外科33巻10号.2014.
  • 呼吸器ケア 一歩先ゆく呼吸リハビリテーション. メディカ出版.2008.
主な論文
  • Katsuta W, Aihara M, Hirose N, Saito F,Hagiwara H.Changes in oxidative stress severity and antioxidant potential during muscle atrophy and reloading in mice.J. Phys. Ther. Sci.in press.
  • Aihara M, Hirose N, Katsuta W, Saito F,Hagiwara H.A new model of skeletal muscle atrophy induced by immobilization using a hook-and-loop fastener in mice. J. Phys. Ther. Sci. 29(10):1779-1783, 2017
  • 岩﨑孝俊,林大二郎,丸山大貴,塩澤康太,阿部里美,二階堂暁,幡芳樹,廣瀬昇.運動器疾患を合併した高齢心疾患患者に対する心臓リハビリテーションの新しい試み,心臓リハビリテーション,Vol.22.2・3.pp142-148.2017.
  • 塚田絵里子,廣瀬昇,跡見友章,安齋久美子,相原正博,田中和哉,西條富美代,中山彰博,佐野徳雄,岡部琢也,高沖英二.理学療法教育におけるタブレット型端末による視覚教材を用いたICT(Information and Communication Technology)活用授業の試み.帝京科学大学紀要,Vol.11,pp.17-26.2015.
  • 佐野徳雄,廣瀬昇,丸山仁司, 昇寛.腎不全患者における血液透析日の運動介入がQOLや身体機能に及ぼす影響.日本スポーツリハビリテーション学会誌3巻,pp1-7,2014.
  • 廣瀬昇,中山彰博,丸山仁司.ICTを活用した理学療法教育の効果について臨床推論に至る問題解決能力の定着への試み.日本スポーツリハビリテーション学会誌3巻,pp37-42,2014.
  • 廣瀬昇,田中和哉,跡見友章,長谷川克也,清水美穗,跡見順子.歩行運動の生理的反応とその主観との関係性.日本人工知能学会全国大会論文集27,2013
  • 井上航,廣瀬昇,奥壽郎,中山彰博.短時間における多段階運動負荷前後の酸化ストレス変化.臨床福祉ジャーナルVol.9,pp45-49,2012
  • 安田耕平, 廣瀬昇, 平野正広, 奥壽郎.浴槽入浴と浴槽水中運動が呼吸・循環機能に及ぼす影響.日本物理療法学会会誌18巻,pp.26-31,2011.
  • 廣瀬昇, 松尾洋, 平野正広, 薄直宏, 丸山仁司, 橋本尚武.2型糖尿病患者の運動習慣に影響を与える日常の行動特性に関する調査.理学療法科学, Vol. 26: No. 1,pp143-147,2011.
  • 正保哲, 洲崎俊男, 出口清喜, 廣瀬昇, 奥壽郎, 立野勝彦.Karvonen法による運動負荷強度における生体反応.理学療法科学, Vol. 26: No. 1,pp.33-39,2011.
  • 廣瀬昇,丸山仁司.若年者の身体活動に影響を及ぼす生活時間因子に関する調査.理学療法科学,Vol.25:No.1,pp.139-142,2010
  • 廣瀬昇,丸山仁司.若年者における心肺持久力と身体活動量の関係性とその最近の傾向について.帝京科学大学紀要 6,pp.27-31,2010.
所属学会等
  • 日本理学療法士協会
  • 心臓リハビリテーション学会
  • 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会
  • 理学療法科学学会
  • 日本運動生理学会
  • 日本体力医学会
  • 日本筋学会
受賞歴
  • 2000年 後藤学園賞
研究業績

平成28年度−:新規筋萎縮誘発法を用いたストレッチングとレスベラトロール内服の併用効果の検討(文部科学省・基盤研究(C),分担)
平成27年度-:筋萎縮に対する再荷重過程における微細筋損傷と酸化ストレスとの関連の解明(文部科学省・基盤研究(C),代表)
平成26年度−:身心の一体化と活性化の論理と実習プログラム及びその効果(文部科学省・挑戦的萌芽研究,分担)
平成25年度−:SIRT1活性化物質レスベラトロールの筋萎縮に対する長期的効果の検討(文部科学省・基盤研究(C),分担)

TOP