教員一覧

教員詳細

松葉 潤治 (まつば じゅんじ)

準備中

役職:准教授・博士(医学)・理学療法士

主な研究と活動

現在、医療の分野では、科学的根拠(evidence)が求められる流れとなっています。理学療法の分野も例外ではありません。社会から信頼されるには「理学療法は効果がある」といった科学的根拠が必要となります。科学的根拠を明確にすることで社会への貢献のみならず診療報酬の改定や理学療法士の雇用にも大きな影響を及ぼすと考えられます。医療統計学が提供する方法論、手法の活用が質の高い科学的根拠を得る必要条件であると確信しています。統計手法を用いて独立して行われた研究を要約・統合するメタアナリシス(meta-analysis)によってより信頼性が高い結果を求め、質の高い理学療法構築の一助となり得ます。さらには多変量解析を用いた予後予測モデルの確立やデータマイニング(data mining)手法を用いた探索型の研究デザインは理学療法分野において大きな可能性を秘めているのでは、と感じています。今後は、以上の方向性で研究を進めていきたいと考えます。

キーワード 統計モデリング、多変量解析
専門分野 医学統計学、多次元データ解析
学位
  • 博士(医学)、certified public health professional
学歴・経歴
  • 広島大学医学部保健学科卒業
  • 国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科 修士課程修了
  • 国立保健医療科学院 専門課程Ⅱ 生物統計分野修了
  • 広島大学大学院医歯薬学総合研究科博士課程修了
所属学会等
  • 日本理学療法士協会
  • 理学療法科学学会
  • 日本計量生物学会
  • The International Biometric Society
  • 専門リハビリテーション研究会
主な学会発表
  • Accumulation of Advanced Glycation End Products Accelerates Knee Joint Contracture Formation Following Immobilization in Rats. Ozawa J., Matsuba J et al. ACPT, Kuala Lumpur, Malaysia, 2016
  • High Initial-dose Dependency of Cerebrovascular Disease Mortality among Female Survivors of the Hiroshima Atomic Bomb Exposed in Teens: A Cohort Study, 1970-2010 Hiroshima J. Med.Sci, 65(2):2016 pp35-43
  • High Risk of Cerebrovascular Disease Mortality among Hiroshima Female Atomic Bomb Survivors Exposed at Young AGE: A Cohort Study, 1970-2010 Matsuba J., Ohtaki M et al. 28th IBC, Victoria, CANADA, 2016
  • Measurement reliability and function of pelvic floor muscle with a diagnostic ultrasonic imaging device. Ubukata H., Matsuba J et al. 9th ISPRM, Berlin, GERMANY, 2015
  • 脳卒中タイプ別罹患率に関する統計学的研究 -コホート研究における複数イベントの解析‐ J.Natl.Inst.Public Health, 63(2):2014 pp171-172
  • Statistical analysis on excess mortality risk due to cerebrovascular disease among atomic bomb survivors in Hiroshima; Junji Matsuba, Megu Ohtaki et al. 27th IBC, Florence, Italy, 2014
  • The analysis of multiple events in cohort study; Junji Matsuba, etsuji Yokoyama et al. 27th IBC, Florence, Italy, 2014
  • Relationship between radiation dose and the mortality risks of cerebrovascular disease among atomic bomb survivors Matsuba J., Satoh K.,Tonda T.,Ohtani K.,Ohtaki M. 12th ACPT(International Congress of Asian Confederation for Physical Therapy), Taichung, TAIWAN, 2013.
  • 多段階発癌仮説に基づく放射線発癌危険度の曝露・時間依存性に関する数理的考察 大瀧 慈, 冨田哲治, 大谷敬子, 原 憲行, 松葉潤治, 佐藤裕哉, 合原一幸, 佐藤健一 長崎医学会雑誌, 87, 170-175, 2012.
  • Statisical study on risk of mortality due to cerebrovascular disease among atomic bomb survivors in Hiroshima Matsuba J.,Satoh k.,Ohtani K.,Tonda T.,Ohtaki M. 26thIBC (International Biometric Conference), Kobe, JAPAN, 2012.
  • 多段階発癌仮説に基づく放射線発癌危険度の曝露・時間依存性に関する数理的考察 大瀧慈 富田哲治 大谷敬子 松葉潤治 佐藤健一・他 第53回原子爆弾後障害研究会2012
  • Effects of community-based daily exercise on motor functions and health-related quality of life in elderly persons Maejima H.,Otani T.,Toriyama M.,Deie M.,Matsuba J. 11thACPT, Bali, INDONESIA, 2010.
  • 介護老人保健施設における口腔ケアの効果 泉繭依 松葉健一 松葉潤治 日本口腔ケア学会雑誌 4(1):24-30,2010
  • The effect of high speed isokinetic extension and flexion training of the knee joint-A comparison between full- and partial range of motion Matsuba J., Moriyama H., Ozawa J., Nagamine R., Maruyama H. 10thISPRM, Istanbul, TURKEY, 2009.
  • The development of effective leg resistance training -A comparison between full range of motionand partial range of motion Matsuba J., Aino M., Nagamine R., Maruyama H. 10th ACPT, Chiba, JAPAN 2008.
  • 超音波が腰痛症の腰背筋活動に与える影響について -第1報- 松岡健 中山彰一 松葉潤治他 日本物理療法学会誌 15:37‐40 2008
著書・監修等

1. 理学療法士のための臨床測定ガイド(産調出版)
2. 最新カラーリングブック筋骨格系の解剖学(産調出版)
3. ニューロ・キネティック療法 (産調出版)
4. ヘルスケア臨床現場におけるクリニカルマッサージ(産調出版)
5. 頭部・頸部痛のためのマッサージセラピストガイド(産調出版)

TOP