教員一覧

教員詳細

芹田 透 (せりた とおる)

芹田 透

役職:准教授・理学療法士・博士(医学)

主な研究と活動

理学療法士は技術者です。臨床の現場では疾病や障害を持つ方々が,高度な専門知識と治療技術を身につけた理学療法士を必要としています。
人を治したり,援助することができる技量を身につけるには,当然たくさんの事を学び,トレーニングをする必要があります。
当学科では,多くの人々の要求に応えることができるような知識と技術を備えた理学療法士の育成を目指しています。

専門分野 臨床解剖学 徒手療法 地域リハビリテーション
主な研究対象

高齢者が行う動作の特徴に関する研究
肩関節周囲の血管分布に関する研究

学位
  • 2007年3月 修士(保健医療学)
  • 2014年3月 博士(医学)
卒業年月
  • 1996年 3月 藤リハビリテーション学院 卒業
  • 2007年 3月 国際医療福祉大学保健医療学専攻理学療法分野修士課程修了
  • 2014年 3月 順天堂大学大学院 解剖学・生体構造科学博士課程修了
学歴・経歴
  • 1996年 4月 たま日吉台病院 リハビリテーション科
  • 2001年 2月 河北リハビリテーション病院 セラピー部
  • 2003年 2月 くらた病院 リハビリ室
  • 2011年 4月 帝京科学大学医療科学部東京理学療法学科
主な著書
  • 共著:生活環境論入門(改訂第2版),DTP出版.2012.
主な論文
  • 芹田 透・丸山 仁司・加藤 宗規・菅沼 一男・榊原 僚子・増田 紗嘉・伊藤 裕介:椅子からの立ち上がり動作・座り動作における体幹前傾角度,下腿前 傾角度,動作速度の関連についての検討ー高齢者における動作の特徴と各要因間の関連ー.理学療法科学,2011,26(4):483-488,
  • Toru Serita, Hiroyuki Kudoh, Tatsuo Sakai. Variability of the arterial distribution to the rotator cuff muscles and its correlation with the diversity of arterial origin. 順天堂醫事雑誌(印刷中)
所属学会等
  • 日本理学療法士協会
  • 理学療法科学学会
  • 日本マイオチューニングアプローチ学会
  • 日本解剖学学会
TOP