教員一覧

教員詳細

潮見 泰藏 (しおみ たいぞう)

潮見 泰藏

役職:教授 博士(保健学)

主な研究と活動

 脳傷害(主に脳卒中)後の運動機能回復を図るための機能的運動課題の獲得方法について研究しています。特に、『課題指向型トレーニング』と呼ばれる、運動学習や運動科学に基づいたトレーニング方法について研究を行ってきました。また、このトレーニング方法に関連した『臨床評価指標』の開発についても研究テーマとしています。その他、これまで理学療法教育に関する調査・研究も行ってきました。最近では、諸外国における地域リハビリテーションや障害予防事業に関する支援・調査活動も行っています。

キーワード 機能回復、神経リハビリテーション、理学療法教育
専門分野 中枢神経系理学療法学、理学療法教育学、リハビリテーション医学
主な研究対象

脳卒中、神経難病、高齢者

主な研究課題
  • 脳卒中患者に対する理学療法介入の効果判定
  • 機能回復トレーニングを構成する標準的な運動課題の考案
  • 理学療法に関わる臨床評価指標の開発
担当科目 リハビリテーションⅠ・Ⅱ
学位
  • 修士(工学)
  • 博士(保健学)
免許・資格
  • 理学療法士免許
  • 専門理学療法士(基礎系,神経系,教育管理系)
  • 認定理学療法士(学校教育)
学歴・経歴
  • 1982年 国立療養所東京病院附属リハビリテーション学院卒業
  • 1982年 埼玉医科大学付属病院リハビリテーション科勤務
  • 1992年 日本大学大学院理工学研究科博士前期課程修了
  • 1992年 埼玉医科大学短期大学理学療法学科講師
  • 1995年 杏林大学大学院保健学研究科博士後期課程修了
  • 2006年 国際医療福祉大学保健医療学部・同大学院医療福祉学研究科教授
  • 2008年 杏林大学保健学部理学療法学科教授
  • 2011年 杏林大学大学院保健学研究科リハビリテーション科学分野教授
  • 2014年 北海道千歳リハビリテーション学院教授
  • 2017年 帝京科学大学総合教育センター教授
  • 非常勤講師
  • 2010年 茨城県立医療大学保健医療学部(現在に至る)
  • 2015年 早稲田大学理工学術院(現在に至る)
主な著書
  • 運動療法学(改訂第2版)柳澤 健,両角昌実,星文彦編 175-192 金原出版 平成21年
  • 実践!理学療法スキル 10-13 医歯薬出版 平成22年
  • 脳・神経系リハビリテーション,潮見泰藏編著 12-19 羊土社,平成22年
  • セラピスト教育のためのクリニカル・クラークシップのすすめ(第2版)中川法一編 2-10 三輪書店 平成25年
  • 臨床実習フィールドガイド(改訂第2版)石川朗・内山靖・新田収編 34-45 南江堂 平成26年
  • リハビリテーション基礎評価学 潮見泰藏編著 14-24 羊土社 平成26年 
  • 脳卒中後の運動機能回復レビュー 潮見泰藏監修 96-104 文光堂 平成26年
  • 脳卒中患者に対する課題指向型トレーニング 潮見泰藏編著 34-35,226-238 文光堂 平成27年 
  • 神経理学療法学 潮見泰藏編著 30-86,156-165,244-258 医歯薬出版 平成29年
  • 理学療法学テキスト 星文彦。伊藤俊一・盆子原秀三編 7章バランス検査 127-138 南江堂 平成29年
  • 図解運動療法ガイド 内山靖・奈良勲編 課題志向型アプローチ 1219-1223 文光堂 平成29年
  • 脳卒中患者に対する標準的理学療法介入(第2版)潮見泰藏編著 2-9,116-125,198-220, 文光堂 平成29年
主な論文
  • 橋立博幸, 島田裕之, 潮見泰藏, 笹本憲男:高齢者における筋力増強運動を含む機能的トレーニングが生活機能に及ぼす影響. 理学療法学 39:159-166,2012.
  • 潮見泰藏: 脳卒中に対する課題指向型アプローチの概要 理学療法 27(12):1386-1391 2013.
  • Hashidate H, Shimada H, Shiomi T, Shibata M, Sawada K, Sasamoto N. :Measuring indoor life-space mobility at home in frail older adults with difficulty to perform outdoor activities. J Geriatr Phys Ther. 36(3):109-114.2013.
  • 潮見泰藏:脳卒中患者に対する課題指向型アプローチ 潮見泰藏 理学療法京都 40:32-35 2014.
  • 佐藤惇史, 藤田貴昭, 山本優一, 潮見泰藏:脳卒中患者おける運動機能評価と日常生活動作評価との関連性. 理学療法科学 29(5):721-724, 2014. 
  • 潮見泰藏:基本動作障害に対する理学療法 理学療法学 40(4):244-247 2015.
  • 潮見泰藏・橋立博幸:神経疾患を有する高齢者の生活機能に対する理学療法の取り組み 理学療法,31(4):383-389 2015.
  • 潮見泰藏・久保田健太:神経疾患の理学療法における臨床推論のパラダイムを考える 理学療法,32(8):694-304 2016.
  • 潮見泰藏:科学的リハビリテーションの介入と標準化 北海道千歳リハビリテーション科学  1(1):196-199 2016.
  • 佐藤惇史, 藤田貴昭, 小沼亮, 奥田裕, 山本優一, 潮見泰藏: 重度脳卒中患者における入院1ヵ月時のMotor Assessment Scaleと退院時FIMとの関連 -偏相関分析による検討- 理学療法学 43(3): 236-240 2016.
  • 潮見泰藏:脳卒中片麻痺患者の体幹機能の理学療法評価の考え方と評価指標 理学療法 34(4):311-318,2017.
所属学会等
  • 日本理学療法士協会
  • 理学療法科学学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本老年医学会
  • 全国大学理学療法教育学会
  • 日本ニューロリハビリテーション学会
  • 国際ニューロリハビリテーション学会
TOP