教員一覧

教員詳細

木村 龍平 (きむら りゅうへい)

木村 龍平

役職:教授

主な研究と活動

少子高齢化を直視した「人」支援研究
少子高齢社会を迎えた現在、健やかな次世代育成と高齢者福祉の充実は現代日本社会が解決せねばならない、待ったなしの急務といえます。そこで、理工系大学が持つ技術と知識を総動員して乳幼児保育支援から高齢者の生活の質(QoL:Quality of Life)向上を目的に「人」支援研究を展開しています。具体的には乳幼児を対象にしたマルチメディア技術を使った知育・徳育支援、ハムスターなど小動物を使った動物介在活動および「いのち」の教育、ペット型ロボットを使った遊び・心理支援、高齢者を対象にしたロボット介在活動、リハビリテーションへの臨床応用を目指したロボット介在療法です。学内外の各分野の専門家・研究協力機関と広くコラボレーションし、21世紀の幸せを追求しています。

保育支援
健全な次世代育成を目指して。マルチメディア技術や電子情報技術を活用したより良い保育方法、及びロボット介在活動・動物介在教育による新しい保育方法及び保育環境に関する実践研究

ロボットセラピー
幼児から高齢者までを対象にしたペット型ロボットを使った介在活動や療法。ロボットを使った新しい保育、心の癒しを如何に得るか・評価するかを研究

専門分野 マルチメディア教材開発・保育支援、ロボット介在保育、食農保育/教育
研究室番号 実験研究棟 E303
学位
  • 工学博士
学歴・経歴
  • 1983年 3月 青山学院大学電気電子工学科卒業
  • 1983年 4月 東京工業大学電子物理工学科(固体電子物理学講座)助手
  • 1990年 4月 帝京科学大学助教授
  • 2011年 10月 帝京科学大学教授
所属学会等
  • 日本こども学会
  • 日本保育学会
  • 日本乳幼児教育学会 論文編集協力委員
  • 計測自動制御学会
  • 計測自動制御学会 システムインテグレーション(SI)部門ロボットセラピー部会主査
講演
  • 2006年 5月 「ロボットセラピー・癒しから生活向上まで」、共栄学園短期大学公開講座
  • 2006年 1月 「心が通い合い癒しを与える・ヒトとの共生のための感性ロボティクス入門」、日本テクノセンター技術講演会
  • 2004年 8月 「ロボットセラピー事例紹介」、計測自動制御学会主催ロボットセラピー講演会
  • 2004年 2月 「感性ロボティクスが目指すもの:共生型ロボットを使った新しい試み」、山梨県立上野原高校「心豊かな教育講演会(総合学習)」
  • 2003年 9月 「ロボットセラピー:共生型ロボットを使った新しい試み」、電気学会山梨支所講演会
TOP