教員一覧

教員詳細

門多 真弥 (かどた まや)

門多 真弥

役職:特任助教

主な研究と活動

 「臨床心理学」とは、個人や集団におきた困難な問題を、心理学の知識と技術によって解決するための学問です。現代社会における”困難な問題”は多岐に渡り、ストレス、発達障害、高齢化など、キリがありません。この多様な困難な問題に対するアプローチは、皆さんがよくイメージするようなカウンセリングだけではなく、遊びを用いるもの、絵を描くものなど、沢山あります。その中でも、私は、動物を介在させた方法に興味を持っています。
 困難な問題を抱える人が動物と触れ合うことで、どのようにハッピーになっていくのか、そして、どうしたらハッピーになれるのかを紐解くことを目的に、いまは水族館と共同で、イルカを介在動物とした方法を研究しています。

キーワード 臨床心理学、発達障害、動物介在介入
専門分野 臨床心理学、障害者福祉、動物介在介入
主な研究対象

臨床心理学的知見を用いた、動物介在介入

担当科目 臨床心理学 ほか
学位
  • 2012年3月 教育学修士 (学術) 京都女子大学大学院
免許・資格
  • 臨床心理士(日本臨床心理士資格認定協会 認定)
卒業年月
  • 2010年3月 京都女子大学 発達教育学部 教育学科 心理学専攻 卒業
  • 2012年3月 京都女子大学大学院 発達教育学研究科 心理学専攻 臨床心理学領域 博士前期課程 修了
  • 2015年3月 京都女子大学大学院 発達教育学研究科 教育学専攻 博士後期課程 単位修得退学
学歴・経歴
  • 2015年4月 京都女子大学大学院 発達教育学研究科 教育学専攻 博士後期課程 特別研修者 (~2017年3月まで)
  • 2012年6月 京都府 家庭支援総合センター 一時保護所 宿日直児童指導員 (~2016年3月まで)
  • 2014年4月 京都府 教育庁 中学校スクールカウンセラー (~2017年3月まで)
  • 2014年6月 豊岡短期大学 通信教育学部 講師 担当科目:教育相談
  • 2016年4月京都府 府民生活部 青少年課 ユース・アシスト 臨床心理士 (~2017年3月まで)
主な論文
  • 門多真弥・古田圭介・亀崎直樹・古池若葉・大矢大.(2012) 水族園来園者のパーソナリティとイルカイメージの検討.  京都女子大学発達教育学研究号, 7, 49-58.
  • 門多真弥・小池若葉・大矢大.(2012) 『アニマルセラピー』における動物イメージについて. 京都女子大学大学院こころの相談室心理臨床研究, 6,
  • 門多真弥・古田圭介・亀崎直樹・森阪匡通・大矢大.(2013) アニマルセラピーとしての”イルカ療法”. 京都女子大学発達教育学研究, 8, 55-60.
  • 門多真弥・古田圭介・亀崎直樹・小池若葉・大矢大.(2014) 人は動物を見てどのようなことばを語るのか-水族園における来園者の会話についての一考察-. 京都女子大学大学院こころの相談室心理臨床研究, 7, 3-10.
  • 門多真弥・森阪匡通・小木万布・古田圭介・亀崎直樹・大矢大.(2015) イルカ介在療法のこれまでとこれから. 京都女子大学発達教育学研究, 9, 43-51.
所属学会等
  • 心理臨床学会
  • ヒトと動物の関係学会
  • 東京臨床心理士会
TOP