教員一覧

教員詳細

渡辺 隆之 (わたなべ たかゆき)

渡辺 隆之

役職:講師・獣医師・衛生検査技師

主な研究と活動

人に食中毒を起こす細菌は、動物にも食中毒を起こします。そんな、食中毒菌の研究や、食品中に含まれる様々な細菌の研究、土壌や環境中の細菌や微生物の研究を行っています。
人と動物の感染症という人と動物の間をいったりきたりする細菌には、どのような性質があるのか、病気の症状や感染症のメカニズムにも迫ります。また、こういった細菌感染症に効果のある抗生物質の研究も行っています。
危ない病原微生物ばかりではなく、乳酸菌のような発酵食品の菌の性質や機能を研究しています。

キーワード 動物、細菌、真菌、リケッチア、放線菌、ウイルス、感染症、免疫学、動物看護師
専門分野 動物検査学、微生物学、細菌学、コンパニオンアニマル飼育論、発酵
主な研究対象

犬、猫、エキゾチックアニマル、大動物、人

主な研究課題
  • 人獣共通感染症の疫学調査
  • 発酵食品の腸内での作用
  • 細菌性食中毒の疫学ならびに防疫
  • 抗生物質の薬剤感受性
学位
  • 獣医学修士「豚丹毒菌のELISA抗原の作製」(北里大学)、獣医師免許、衛生検査技師免許
卒業年月
  • 1989年 3月 北里大学大学院修士課程獣医畜産学研究科獣医微生物学 専行修了
学歴・経歴
  • 1991年 開業見習い
  • 1991年 国立小児病院小児医療研究センター 内分泌代謝研究部 内分泌研究室 研究助手
  • 1994年 有限会社 エム・ビーネットワーク 代表取締役
  • 2002年 ぶんぶん動物病院 院長
  • 2002年 前川ペットクリニック 副院長
  • 2005年 独立行政法人 理化学研究所 客員研究員
  • 2005年 東京コミュニケーションアート専門学校 講師
  • 2008年 帝京科学大学 非常勤講師
  • 2010年 帝京科学大学 講師
主な著書
  • 日本熱帯医学協会 教育・研修用、マラリア原虫のカラースライド 海老沢 功 (エム・ビー・ネットワーク作製)
  • 日本熱帯医学協会 マラリア患者血液標本の検査法と鑑別診断 海老沢 功 (エム・ビー・ネットワーク作製)
  • エム・ビー・ネットワーク 五十嵐盛豊の旅中日記 海老沢 功
  • 日本熱帯医学協会 教育・研修用、特殊熱帯病のカラースライド 海老沢 功 (エム・ビー・ネットワーク作製)
  • mvm 小動物臨床におけるサプリメント使用の現状と課題 桜井富士朗,島田真美,原澤政純,渡辺隆之
  • 保健産業事報 シュレディンガーの猫 渡辺隆之
  • 東京都獣医師会感染症予防検討協議会 人と動物の共通感染症ミニ知識ガイダンス 荒島康友,飯田孝,池田忠生,佐藤克,鈴木博,渡辺隆之,佐野文子,白井淳資,村中志朗
主な論文
  • Watanabe T, Sato H, Kobayashi H, Saito H Preparation of Erysipelothrix rhusiopathiae antigen for the enzyme-linked immunosorbent assay J.jap.Vet.Med.Assoc 1990; 43(10): 743-747
  • Kobayashi S, Watanabe T, Kurokawa S, Suzuki M, Hirose K, Yokoyama A, Sato H, Saito H Detection of antibodies to Swine Erysipelas by enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) J.jap.Vet.Med.Assoc 1990; 43(11): 815-819
  • Hayakawa K, De Felice C, Watanabe T, Tanaka T High-recovery protein purification by high-preformance gel-permeation chromatography: application to human serum biotinidase Journal of Chromatography 1993; 616: 327-332
  • Hayakawa K, De Felice C, Watanabe T, Tanaka T, Iinuma K, Nihei K, Higuchi S, Ezoe T, Hibi I, Kurosawa K Determination of free N-acetylneuraminic acid in human body fluids by high-preformance liquid chromatography with fluorimetric detection Journal of Chromatography 1993; 620: 25-31
  • De Felice C, Hayakawa K, Watanabe T, Tanaka T High-preformance gel-permeation chromatographic analysis of protein aggregation Application to bovine carbonic anhydrase Journal of Chromatography 1993; 645: 101-105
  • De Felice C, Hayakawa K, Tanaka T, Watanabe T, Hibi I, Kohsaka T, Itoh K High-preformance liquid chromatographic assay for biotinidase activity in the human urine Journal of Liquid Chromatography 1994; 17(12): 2641-2650
  • De Felice C, Hayakawa K, Nihei K, Higuchi S, Tanaka T, Watanabe T, Hibi I Changes in cerebrospinal fluid biotinidase activity in Staphylococcus aureus Meningitis Brain & Development 1994; 16: 156-158
  • De Felice C, Tanaka T, Hayakawa K, Itoh K, Watanabe T, Katsumata N, Hibi I Urinary prolactin excretion in children with renale disease Acta Paediatrica Japonica 1994; 36: 623-626
  • 渡辺隆之 医療従事者が知っておきたいインフルエンザ 総合看護別冊, 2004; 2月号, (第39巻第2号): 52-58
  • 渡辺隆之 院内感染を考える Animal Nursing, 2005; Vol.10 No.1: 55-59
  • 渡辺隆之 ペットにおける畜肉の生食の危険性について ペット栄養学会誌, 2009; 12 (1): 32-36
所属学会等
  • 日本細菌学会正会員
  • 日本菌学会正会員
  • 日本生化学会正会員
  • 日本医真菌学会正会員
  • 日本土壌微生物学会正会員
  • 日仏獣医学会正会員
  • 日本動物看護学会正会員
  • 日本動物看護学会正会員
  • 狂犬病臨床研究会 正会員
  • 日本動物看護職協会正会員
  • 日本獣医師会,東京都獣医師会,江戸川支部正会員
  • NPO法人先端医療福祉開発研究会正会員
その他の活動
  • 社団法人東京都獣医師会理事
  • 日本動物看護学会常任理事
  • NPO法人先端医療福祉開発研究会理事
TOP