教員一覧

教員詳細

小林 亮太 (こばやし りょうた)

小林 亮太

役職:助教 博士(体育科学)

主な研究と活動

【食後高血糖に伴う動脈硬化を抑える運動トレーニング法の開発】
 我が国における心血管疾患の死亡率は、全体の約30%と主要な死因です。動脈壁の硬さを示す「動脈スティフネス」は、食後の血糖値上昇に伴い繰り返して増大し、将来の心血管疾患リスクを高めます。したがって、我が国の欧米化した食生活を考慮すると、食後の血糖値上昇に伴う動脈スティフネスの増大を抑制する対策が必要です。
 私はこれまでに、有酸素性運動の慢性効果では、持久系アスリートまたは身体活動量が高い者、習慣的に身体活動量を増やすことで食後の動脈スティフネス増大を抑制しました。急性効果では、食後よりも食前、低強度よりも中強度、持続的または間欠的な有酸素性運動の実施で食後の動脈スティフネス増大を抑制しました。糖質種類の検討では、グルコース摂取後に動脈スティフネスは増大しましたが、パラチノース摂取後に増大しないことを明らかにしました。温熱刺激の検討では、食後よりも食前に足湯を実施することで食後の動脈スティフネス増大を抑制しました。これらの結果を踏まえて、今後もインパクトのある研究を行っていきます。学生には授業を通して、より良い生活習慣を身につけられる授業づくりを心がけています。
 本研究に興味のある学生さんは気軽にご連絡ください。

キーワード 有酸素性運動、動脈スティフネス(硬化度)、食後高血糖、血圧、血糖値、血中インスリン濃度、温熱刺激、糖質
専門分野 運動生理学、運動代謝学、循環器系
主な研究対象

食後高血糖に伴う動脈スティフネスの増大を抑制できる運動・食事プログラムの開発

主な研究課題
  • 定期的な有酸素性運動が食後の動脈スティフネス増大に及ぼす影響:運動要素の解明
    2ヶ月間のトレーニング前後に食後高血糖に伴う動脈スティフネスの変化について検討します。
  • 一過性のスクロース(砂糖)摂取が動脈スティフネスに及ぼす影響
    食事に含まれる砂糖摂取後の血糖値上昇が動脈スティフネスに及ぼす影響について検討します。
  • 定期的なパラチノース摂取が動脈スティフネスに及ぼす影響
    血糖値上昇が緩やかな糖質であるパラチノースを定期摂取し、動脈スティフネスの変化を検討します。
  • 有酸素性運動トレーニングの頻度が動脈スティフネスに及ぼす影響の影響
    有酸素性運動トレーニングの頻度と動脈スティフネスの関係性について検討します。
  • 笑いが夕食後に伴う動脈スティフネスの増大を抑制できるか?
    夕食中に笑いを誘発するコメディ番組を視聴、夕食後の動脈スティフネス増大を抑制できるか検討します。
  • 呼吸法と運動パフォーマンスの関連性〜集中力・自律神経調節・毛細血管血流量に着目して〜
    呼吸法による集中力向上に伴う自律神経調節後の毛細血管血流量の変化が有酸素性運動パフォーマンスに及ぼす影響について検討します。
担当科目 健康と生活(講義)、健康運動学基礎演習(演習)、健康体育Ⅰ・Ⅱ(実技)、健康スポーツⅠ・Ⅱ(実技)
卒業年月
  • 2017年 3月 日本体育大学大学院 体育科学研究科 博士後期課程 修了
学歴・経歴
  • 2014年 4月 日本体育大学大学院 体育科学研究科 博士後期課程 入学
  • 2016年 4月 東京医科大学 非常勤講師 着任
  • 2017年 3月 日本体育大学大学院 体育科学研究科 博士後期課程 修了
  • 2017年 3月 東京医科大学 非常勤講師 離任
  • 2017年 4月 帝京科学大学 総合教育センター 助教 着任(~現在)
  • 2017年 4月 東京理科大学 非常勤講師 着任(~現在)
主な論文
  • 世界的流行性感染症拡大時における柔道実技授業の取り組みについて. 田村昌大,松井高光,小林亮太. 教職センター紀要. in press.
  • Is individual day-to-day variation of arterial stiffness associated with variation of maximal aerobic performance? Takanobu Okamoto, Ryota Kobayashi, Yuto Hashimoto, Naoki Kikuchi, Shigehiko Ogoh. BMC Sports Science, Medicine and Rehabilitation, 2021;13,4.
  • Acute Changes in Arterial Stiffness with Palatinose Versus Glucose Intake in Elderly. Ryota Kobayashi, Kaori Sato, Miki Sakazaki, Yukie Nagai, Toshihiko Takahashi, Kenji Asaki, Soichiro Iwanuma, Nobuyuki Ohashi, Takeo Hashiguchi. Cardiology and Cardiovascular Medicine, 4, 144-153.
  • Effects of a short-term increase in physical activity on arterial stiffness during hyperglycemia. Ryota Kobayashi, Kaori Sato, Toshihiko Takahashi, Kenji Asaki, Soichiro Iwanuma, Nobuyuki Ohashi, Takeo Hashiguchi. Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, 19, 1-7.
  • Effects of different intensities and durations of aerobic exercise training on arterial stiffness. Ryota Kobayashi, Yasuo Kasahara, Tetsuo Ikeo, Kenji Asaki, Takamitu Matsui, Soichiro Iwanuma, Nobuyuki Ohashi, Takeo Hashiguchi. The Journal of Physical Therapy Science, 32, 104-109.
  • Acute effects of difference in glucose intake on arterial stiffness in middle and elderly healthy individuals. Ryota Kobayashi, Kaori Sato, Miki Sakazaki, Yukie Nagai, Soichiro Iwanuma, Nobuyuki Ohashi, Takeo Hashiguchi. Cardiology Journal, Online ahead of print.
  • Effects of interval walking training compared to normal walking training on cognitive function and arterial function in older adults: a randomized controlled trial. Takanobu Okamoto, Ryota Kobayashi, Yuto Hashimoto. Aging Clinical and Experimental Research, 31, 1451-1459.
  • Isometric handgrip training reduces blood pressure and wave refections in East Asian, non‑medicated, middle‑aged and older adults: a randomized control trial. Takanobu Okamoto, Yuto Hashimoto, Ryota Kobayashi. Aging Clinical and Experimental Research, Online ahead of print.
  • Arterial stiffness during hyperglycemia in older adults with high physical activity versus low physical activity. Ryota Kobayashi, Kaori Sato, Toshihiko Takahashi, Asaki Kenji, Soichiro Iwanuma, Nobuyuki Ohashi, Takeo Hashiguchi. Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, 19, 1-7.
  • Changes in arterial stiffness after eccentric versus concentric cycling. Takanobu Okamoto, Ryota Kobayashi, Yuto Hashimoto, Kazunori Nosaka. Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism, 44, 533-538.
  • Compression Stockings Suppressed Reduced Muscle Blood Volume and Oxygenation Levels Induced by Persistent Sitting. Misato Kinoshita, Yuko Kurosawa, Sayuri Fuse, Riki Tanaka, Nobuko Tano, Ryota Kobayashi, Ryotaro Kime, Takafumi Hamaoka. Applied sciences, 9, 1800.
  • ドッジボールを教材にした体育授業による投能力および投動作の変化-女子学生を対象にして-. 岩沼聡一朗,小林亮太,大橋信行,橋口剛夫. 帝京科学大学紀要, 15, 121-127.
  • Effects of acute footbath before and after glucose ingestion on arterial stiffness. Ryota Kobayashi, Yuto Hashimoto, Takanobu Okamoto. Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, 63, 1-6.
  • トレーニングキャンプ翌日の積極的休息がバレーボール選手のポジティブ感情に及ぼす影響. 佐藤かほり,小林亮太,富永梨沙子,根本研,清水安夫. 運動とスポーツの科学, 23, 2.
  • Acute effects of repeated bouts of aerobic exercise on arterial stiffness after glucose ingestion. Ryota Kobayashi, Hiroyuki Hatakeyama, Yuto Hashimoto, Takanobu Okamoto. Clinical and Experimental Hypertension, 22, 1-7.
  • New indices of arterial stiffness measured with an upper-arm oscillometric device in active versus inactive women. Ryota Kobayashi, Soichiro Iwanuma, Nobuyuki Ohashi, Takeo Hashiguchi. Physiological Reports, 6, e13574.
  • Acute effects of accumulated aerobic exercise on aortic and peripheral pulse wave velocity in young males. Ryota Kobayashi, Hiroyuki Hatakeyama, Yuto Hashimoto, Takanobu Okamoto. The Journal of Physical Therapy Science, 30, 181-184.
  • Acute effects of different aerobic exercise duration on pulse wave velocity in healthy young men. Ryota Kobayashi, Hiroyuki Hatakeyama, Yuto Hashimoto, Takanobu Okamoto. The Journal of Sports Medicine and Physical Fitness, 57, 1695-1701.
  • Effect of resistance exercise on arterial stiffness during the follicular and luteal phases. Takanobu Okamoto, Ryota Kobayashi, Sakamaki Mikako. International Journal of Sports Medicine, 38, 347-352.
  • Effects of Acute Aerobic Exercise on Arterial Stiffness Before and After Glucose Ingestion. Ryota Kobayashi, Shou Yoshida, Takanobu Okamoto. International Journal of Sports Medicine, 38, 12-18.
  • Habitual cocoa intake reduces arterial stiffness in postmenopausal women regardless of intake frequency: a randomized parallel group study. Takanobu Okamoto, Ryota Kobayashi, Midori Natsume, Kohich Nakazato. Clinical Interventions in Aging, 14, 1645-52.
  • Acute effects of aerobic exercise intensity on arterial stiffness after glucose ingestion in young men. Ryota Kobayashi, Hiroyuki Hatakeyama, Yuto Hashimoto, Takanobu Okamoto. Clinical Physiology and Functional Imaging, 38, 138-144.
  • Arterial stiffness after glucose ingestion in exercise-trained versus untrained men. Ryota Kobayashi, Shou Yoshida, Takanobu Okamoto. Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism, 40, 1151-6.
所属学会等
  • 日本体力医学会:会員
  • 日本運動生理学会:会員
  • 日本体育学会:会員
  • 日本運動・スポーツ科学学会:会員
  • European College of Sport Science:会員
  • 日本高血圧学会:会員
主な学会発表
  • EFFECTS OF DIFFERENT INTENSITIES AND DURATIONS OF AEROBIC EXERCISE TRAINING ON ARTERIAL STIFFNESS. Ryota Kobayashi. The 25th European College of Sport Science Anniversary Congress. Oct 28-30, 2020. Online.【E-Poster presentation】
  • 短期的な身体活動の増加が食後の血糖値上昇に伴う動脈スティフネスに及ぼす影響. 小林亮太, 浅木健治, 高橋敏彦, 佐藤かほり, 岩沼聡一朗, 大橋信行, 橋口剛夫. 第75回日本体力医学会大会. 鹿児島(Web開催), 2020.9.24-26.【ポスター発表】
  • 一過性のパラチノース摂取が動脈スティフネスに及ぼす影響. 小林亮太, 坂崎未季, 永井幸枝, 高橋敏彦, 佐藤かほり, 岩沼聡一朗, 大橋信行, 橋口剛夫. 第74回日本体力医学会大会. 茨城, 2019.9.19-21.【口頭発表】
  • 一過性のパラチノース摂取が末梢動脈血圧に及ぼす影響. 小林亮太, 第33回呼吸研究会. 茨城, 2019.9.18.【口頭発表】
  • 定期的な有酸素性運動の時間と強度の違いが動脈スティフネスに及ぼす影響. 小林亮太, 大橋信行, 橋口剛夫. 日本体育学会第70回大会. 神奈川, 2019.09.10-12.【口頭発表】
  • 中高齢者における身体活動が食後に伴う動脈スティフネスの変化に及ぼす影響.小林亮太,大橋信行,橋口剛夫.第27回日本運動生理学会大会. 広島,2019.08.23-24.【口頭発表】
  • Aquatic exercise decreases arterial stiffness and increases positive emotions after a training camp. Kaori Sato, Ryota Kobayashi. The 23th annual Congress of the European College of Sport Science. July 4-7, 2018. Dublin.【Oral presentation】
  • ブドウ糖経口摂取前後の足湯が動脈スティフネスに及ぼす影響. 小林亮太, 橋本佑斗, 岡本孝信. 第73回日本体力医学会大会. 福井, 2018.9.7-9.【口頭発表】
  • 食後の血糖値上昇にともなう動脈スティフネスの変化は有酸素性運動パフォーマンスに影響する. 岡本孝信, 小林亮太, 橋本佑斗. 第73回日本体力医学会大会. 福井, 2018.9.7-9.【口頭発表】
  • 水中運動が大腿四頭筋膝伸展位における大腿二頭筋の筋硬度に与える影響. 佐藤かほり, 小林亮太, 橋本佑斗. 第73回日本体力医学会大会. 福井, 2018.9.7-9.【ポスター発表】
  • 食後の動脈スティフネスに対する有酸素性運動の効果. 小林亮太. 第32回呼吸研究会. 福井, 2018.9.6.【口頭発表】
  • 冬季スポーツ実習における実施プログラムが教育効果に及ぼす影響. 小林亮太, 大橋信行, 木村博人, 日本体育学会第69回大会. 徳島, 2018.08.24-26.【ポスター発表】
  • 習慣的な有酸素性運動が動脈スティフネスに及ぼす影響:新たな動脈スティフネスの指標による検討. 小林亮太, 大橋信行, 橋口剛夫. 第26回日本運動生理学会大会. 大阪, 2018.07.28-29.【口頭発表】
  • Effects Of Habitual Isometric Handgrip Exercise On Central Blood Pressure In Older Adults. Takanobu Okamoto, Ryota Kobayashi, Mikako Sakamaki-sunaga. The 65rd American College of Sports Medicine Annual Meeting. May 29-June 2, 2018. Minneapolis. 【Poster presentation】
  • Aquatic Exercise Decreases Arterial Stiffness after Training Camp in Female Athletes. Kaori Sato, Ryota Kobayashi, Yuto Hashimoto, Hiroyuki Hatakeyama, Takanobu Okamoto. The 22th annual Congress of the European College of Sport Science. July 5-8, 2017. MetropolisRuhr.【Oral presentation】
  • Effect Of Habitual Interval Walking On Arterial Stiffness In Older Adults. Takanobu Okamoto, Ryota Kobayashi, Mikako Sakamaki-sunaga. The 64rd American College of Sports Medicine Annual Meeting. May 31-June 2, 2017. Colorado.【Poster presentation】
  • 間欠的な有酸素性運動がブドウ糖経口摂取後の動脈スティフネスに及ぼす影響. 小林亮太, 畠山廣之, 橋本佑斗, 岡本孝信. 第72回日本体力医学会大会. 愛媛, 2017.9.16-18.【口頭発表】
  • 習慣的なハンドグリップ運動は中心動脈スティフネスを低下させる. 岡本孝信, 小林亮太, 橋本佑斗. 第72回日本体力医学会大会. 愛媛, 2017.9.16-18.【口頭発表】
  • アスリートのトレーニング後における積極的休息が主観的疲労に与える影響. 佐藤かほり, 小林亮太, 畠山廣之, 橋本佑斗, 富永梨紗子, 根本 研, 岡本孝信, 清水安夫. 第72回日本体力医学会大会. 愛媛, 2017.9.16-18.【ポスター発表】
  • 動脈と身体の柔軟性指標が有酸素性運動パフォーマンスに及ぼす影響. 岡本孝信, 菊池直樹, 小林亮太, 畠山廣之, 橋本佑斗. 日本体育学会第68回大会. 大阪, 2016.9.8-10.【口頭発表】
  • 間欠的な有酸素性運動が動脈スティフネスに及ぼす影響:大動脈スティフネスと末梢動脈スティフネスの検討. 小林亮太, 畠山廣之, 橋本佑斗, 岡本孝信. 第25回日本運動生理学会大会. 横浜, 2017.7.29-30.【ポスター発表】
  • アスリートのトレーニング後の積極的休息がポジティブ感情に及ぼす影響-大学女子バレーボール選手を対象とした実践的研究-. 佐藤かほり, 小林亮太, 富永梨紗子, 根本研, 清水安夫. 第24回日本運動・スポーツ科学学会. 東京, 2017.6.18.【ポスター発表】
  • Menstrual Cycle Affects Arterial Stiffness After High-intensity Resistance Exercise. Takanobu Okamoto, Ryota Kobayashi, Mikako Sakamaki-sunaga. The 63rd American College of Sports Medicine Annual Meeting. May 31-June 4, 2016. Boston, Massachusetts.【Poster presentation】
  • 有酸素性運動の異なる強度が食後の動脈スティフネスおよび血糖値に及ぼす影響. 小林亮太, 畠山廣之, 橋本佑斗, 渡邊裕斗, 岡本孝信. 第14回体育・スポーツ科学関連三大学院連携事業. 東京, 2016.10.15.【ポスター発表】
  • 筋力トレーニング後の上肢または下肢の有酸素運動が一過性の上腕動脈と大腿動脈の血流量に及ぼす影響. 奥山瑞樹, 菊池直樹, 岡本孝信, 小林亮太, 中里浩一. 第14回体育・スポーツ科学関連三大学院連携事業. 東京, 2016.10.15.【ポスター発表】
  • 異なる強度の有酸素性運動がブドウ糖摂取後の動脈スティフネスに及ぼす影響. 小林亮太, 畠山廣之, 橋本佑斗, 岡本孝信. 第71回日本体力医学会大会. 岩手, 2016.9.23-25.【口頭発表】
  • 習慣的なハンドグリップ運動が中心血圧に及ぼす影響. 岡本孝信, 小林亮太, 橋本佑斗, 畠山廣之. 第71回日本体力医学会大会. 岩手, 2016.9.23-25.【口頭発表】
  • 筋力トレーニング後の上肢または下肢の有酸素運動が上腕動脈と大腿動脈の血流量に及ぼす影響. 奥山瑞樹, 菊池直樹, 岡本孝信, 小林亮太, 中里浩一. 第71回日本体力医学会大会. 岩手, 2016.9.23-25.【ポスター発表】
  • 動脈スティフネスの変化が有酸素性運動能力に及ぼす影響. 岡本孝信, 菊池直樹, 小林亮太. 第67回日本体育学会. 大阪, 2016.8.24-26.【口頭発表】
  • 有酸素性運動の異なる継続時間が動脈スティフネスに及ぼす影響. 小林亮太, 畠山廣之, 橋本佑斗, 渡邊裕斗, 岡本孝信. 第24回日本運動生理学会大会. 熊本, 2016.7.23-24.【口頭発表】
  • ARTERIAL STIFFNESS AFTER GLUCOSE INGESTION IN EXERCISE-TRAINED VERSUS UNTRAINED MEN. Ryota Kobayashi, Shou Yoshida, Takanobu Okamoto. The 20th annual Congress of the European College of Sport Science. June 24-27, 2015. Malmo.【E-Poster presentation】
  • 習慣的な有酸素性運動が高血糖食後の動脈スティフネスに及ぼす影響. 小林亮太, 吉田翔, 岡本孝信. 第13回体育・スポーツ科学関連三大学院連携事業. 東京, 2015.11.21.【ポスター発表】
  • ブドウ糖経口摂取前後の急性有酸素性運動が動脈スティフネスに及ぼす影響. 小林亮太, 吉田翔, 岡本孝信. 第70回日本体力医学会大会. 和歌山, 2015.9.18-20.【口頭発表】
  • ココア摂取頻度の違いが閉経後女性の動脈スティフネスに及ぼす影響. 岡本孝信, 小林亮太, 亀本佳世子, 夏目みどり, 中里浩一. 第70回日本体力医学会大会. 和歌山, 2015.9.18-20.【口頭発表】
  • 習慣的な有酸素性運動が高血糖食後の動脈スティフネスに及ぼす影響. 小林亮太, 吉田翔, 岡本孝信. 第23回日本運動生理学会大会. 東京, 2015.7.25-26.【口頭発表】
  • 食後の血糖値上昇が中心動脈血圧および動脈スティフネスにおよぼす影響. 小林亮太. 第69回日本体力医学会大会. 長崎, 2014.9.19-21.【口頭発表】
受賞歴
  • 2018年 4月  やずや食と健康研究所 奨励賞(研究助成)『食事前後に行う温浴が食後の動脈スティフネスに与える急性効果の検討』
  • 2017年 3月  日本体育大学大学院課程 博士論文 最優秀賞(中野昭一学術奨励賞)
その他の活動
  • 血管年齢測定イベント
  • 出願特許:動脈スティフネス増大抑制剤 1件 特許出願中
外部研究費
  • 2020年 4月 科学研究費助成事業 若手研究『定期的な有酸素性運動が高糖質食後の動脈スティフネスに及ぼす影響:運動要素の解明』2020-2021年度:429万円
  • 2020年 4月 三井製糖株式会社 共同研究 『中高齢者における12週間のパラチノース摂取が動脈スティフネスに及ぼす影響』:1,200万円
  • 2020年 3月 オージー技研株式会社 共同研究 『定期的な有酸素性運動トレーニングの頻度がAVIおよびAPIに及ぼす影響』:87万円
  • 2018年 1月 やずや食と健康研究所 論文奨励 『食事前後に行う温浴が食後の動脈スティフネスに与える急性効果の検討』:12万円
  • 2018年12月 オージー技研株式会社 共同研究 『動脈スティフネスの新指標であるAVIおよびAPIに対する定期的な有酸素性運動の効果』:62万円
  • 2018年 6月 三井製糖株式会社 共同研究『パラチノース摂取が動脈スティフネスに及ぼす影響の検討』:495万円
  • 2018年 4月 科学研究費助成事業 若手研究『高糖質食後の動脈スティフネスに対する  身体活動の役割:連続的・断続的活動の比較』2018-2020年度:416万円
  • 2018年 2月  志成データム株式会社 寄付金『New indices of arterial stiffness measured with an upper-arm oscillometric device in active versus inactive womenの論文掲載費』:20万円
  • 2017年 8月  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援『身体活動が高糖質食後の動脈スティフネス増大に与える効果の検討』2017-2018年度:65万円
  • 2016年11月 やずや食と健康研究所 研究助成 『食事前後に行う温浴が食後の動脈スティフネスに与える急性効果の検討』:49万円
査読
  • Journal of Applied Physiology
  • The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine
  • European Journal of Sport Science
  • Diabetology & Metabolic Syndrome
  • Research Quarterly for Exercise and Sport
  • Journal of Exercise, Sports & Orthopedics
  • Vascular Health and Risk Management
  • 日本スポーツ栄養研究誌
  • 帝京科学大学紀要
  • 帝京科学大学総合教育センター紀要『総合学術研究』
  • 帝京科学大学教職センター研究紀要
TOP