教員一覧

教員詳細

岩瀬 礼子 (いわせ れいこ)

岩瀬 礼子

役職:教授・理学博士

主な研究と活動

1. 狙った遺伝子に特異的に働きかける機能性修飾核酸の開拓

  アミド結合型RNAの固相合成法の構築と、その修飾RNAを用いた遺伝子制御物質、遺伝子検出物質の創出

2. 光照射で塩基対形成を誘導できる機能性修飾核酸の構築

  グアニン塩基部に光切断性保護基をもつ修飾オリゴヌクレオチドの合成と、光誘導型アンチセンス核酸、光誘導型siRNAの創出

キーワード 修飾核酸、RNA、有機合成、遺伝子制御、遺伝子検出、光機能性
専門分野 核酸化学
研究室番号 東京西キャンパス バイオテクノロジー研究センター
学位
  • 1989年3月 理学博士(東京工業大学) (学位論文:キャップ構造をもつメッセンジャーRNAの化学合成)
卒業年月
  • 1989年 3月 東京工業大学大学院総合理工学研究科生命化学専攻博士課程修了
学歴・経歴
  • 1989年 4月 ヘキストジャパン(株)医薬総合研究所 研究員
  • 1996年 3月 京都工芸繊維大学繊維学部高分子学科 助手
  • 2003年 4月 帝京科学大学理工学部バイオサイエンス学科 講師
  • 2006年 4月 帝京科学大学理工学部バイオサイエンス学科 助教授
  • 2010年 4月 帝京科学大学生命環境学部生命科学科 教授 〜現在に至る
主な論文
  • R. Iwase, R. Kurokawa, J. Ueno: Synthesis of modified double stranded RNAs containing duplex regions between amide-linked RNA and RNA at both ends and enhanced nuclease resistance, Nucleic Acids Symp. Ser., 53, 119-120 (2009).
  • R. Iwase, T. Toyama., K. Nishimori.: Solid-phase Synthesis of Modified RNAs Containing Amide-linked Oligonucleosides at Their 3'-end and Their Application to siRNA, Nucleosides Nucleotides Nucleic Acids, 26, 10-12, 1451-1454 (2007).
  • R. Iwase, T. Toyama.: Synthesis of a Guanosine Phosphoramidite Derivative Containing a Photocleavable Protecting Group at the O6 Position via Regioselective Protection of the 2'-Hydroxy Group with a TBDMS Group, Nucleic Acids Symp. Ser., 51, 135-136 (2007).
  • R. Iwase, H. Miyao, T. Toyama, K. Nishimori: Synthesis and Properties of Modified siRNA Having Amide-linked Oligoribonucleosides at Their 3' Overhang Regions; Nucleic Acids Symp. Ser., 50, 175-176 (2006).
  • R. Iwase, U. Fukui, A. Kobori, T. Yamaoka, A. Murakami: Synthesis of Antisense Oligonucleotides Containing a Photocleavable Protecting Group on a Guanine Base and Their Photoinduced Duplex Formation; Nucleic Acids Symp. Ser., 49, 151-152 (2005).
  • 岩瀬礼子: 遺伝子診断プローブとしてのRNAの創成技術, RNAi法とアンチセンス法 新しいRNAの科学と応用(関根光雄、多比良和誠編), p23-34, 講談社サイエンティフィク (2005).
  • R. Iwase, Y. Namie, T. Yamaoka, A. Murakami: Synthesis and Properties of Fluorescent-labeled Oligonucleotides Containing Amide-linked Dinucleoside with Pyrene; Nucleic Acids Symp. Ser., 48, 75-76 (2004).
  • R. Iwase, M. Teruya, T. Yamaoka, A. Murakami: Solid-phase Synthesis of Amide-linked Oligoribo-nucleotides and Their Properties; Peptide Science 2003, M.Ueki (Ed.), The Japanese Peptide Society, 445-446 (2004).
  • R. Iwase, A. Kitani, T. Yamaoka, A. Murakami: Synthesis of Antisense Oligonucleotides Containing Photocleavable Protecting Groups on the Thymine Bases and Their Photoinduced Duplex Formation; Nucleic Acids Res. Suppl., 3, 61-62 (2003).
  • R. Iwase, A. Murakami: Development of Functional Oligonucleotide Analogues for Their Applications to Gene Regulation and Detection; Abstracts 16th Conference on Combinatorial Chemistry, Japan, 1, 92-99 (2003).
  • 岩瀬礼子、村上 章: ペプチド核酸(PNA)及びその類縁体からなる機能性人工核酸の合成と性質;有機合成化学協会誌, 60, 12, 1179-1189 (2002).
  • 岩瀬礼子、山岡哲二、村上 章; 化学修飾アンチセンス核酸の最近の動向① PNA及び核酸の3'-5'リン酸ジエステル結合を構造改変した人工アンチセンス核酸の性質; Antisense, 5, 1, 17-32 (2001).
  • 岩瀬礼子、山岡哲二、村上 章; 化学修飾アンチセンス核酸の最近の動向② 光反応性物質とのコンジュゲートによるアンチセンス核酸の高機能化;Antisense, 5, 2, 75-82 (2001).
所属学会等
  • 日本化学会
  • 高分子学会
  • 有機合成化学協会
  • アンチセンスDNA/RNA研究会
  • 日本RNA学会
  • American Chemical Society
TOP