教員一覧

教員詳細

佐野 友彦 (さの ともひこ)

佐野 友彦

役職:博士(薬学)

主な研究と活動

 皮膚バリア機能を維持しつつ、薬物の経皮吸収性を高める研究を通じて、有効性の高い香粧品や生活習慣病薬を含めた皮膚外用製剤を研究し、健康で美しい肌を維持し、生活の質を高めることをめざしています。
1. 緩和な物理刺激の経皮吸収性促進作用の研究
2. 界面科学的な手法による経皮吸収性向上に関する研究
3. 経皮吸収メカニズムの研究

キーワード 界面科学、エマルション、経皮吸収
専門分野 香粧品科学、物理薬剤学、界面科学、皮膚科学、薬物動態
主な研究対象

経皮吸収、界面科学、皮膚

主な研究課題
  • 親水性薬物、高分子薬物の皮膚透過性の向上研究
  • 界面科学的手法を応用した薬物の皮膚透過性の向上研究
  • 薬物(特に親水性)の皮膚透過メカニズムの研究
担当科目 身近な化学、サプリメント科学(機能性素材科学,平成30年度から)、香粧品科学、官能評価学、生命科学基礎実験Ⅰ・Ⅱ、生命科学実験Ⅰ・Ⅱ、卒業研究、基礎ゼミ、生命科学英語基礎、論文購読Ⅰ・Ⅱ(千住)、生命科学セミナー
研究室番号 千住キャンパス本館 16-17研究室
学位
  • 2009年9月 博士 (薬学)(東京理科大学)(学位論文:The study on the relationship between long-term alteration in the expression of keratin 6 and 16 after chronic UVB exposure and wrinkle formation)
卒業年月
  • 1984年3月 同志社大学大学院工学研究科工業化学専攻博士課程前期課程修了
学歴・経歴
  • 1984年4月 花王石鹸株式会社
  • 2006年4月 花王株式会社 スキンケア研究所室長
  • 2011年3月 カネボウ化粧品(株) スキンケア研究所所長
  • 2014年7月 花王株式会社 ヘルスビューティ研究所 主席研究員
  • 2017年10月 帝京科学大学生命環境学部生命科学科教授   現在に至る
主な著書
  • 機能性化粧品Ⅳ p 39-47,第2章2節 細胞間脂質構造に着目した保湿のアプローチ 佐野友彦,岡田譲二,2006年,シーエムシー出版
主な論文
  • 1. The formation of wrinkles caused by transition of keratin intermediate filaments after repetitive UVB exposure., Sano T, Kume T, Fujimura T, Kawada H, Moriwaki S, Takema Y. Arch.Dermatol.Res. Vol.296, No.8, p359-65. (2005)
  • 2. In situ small-angle neutron scattering and rheological measurements of shear-induced gelation., Shibayama M, Kume T, Iwai H, Sano T.,J. Chem. Phys., Vol.127, No14, p144507-1-6 (2007)
  • 3. Long-term alteration in the expression of keratins 6 and 16 in the epidermis of mice after chronic UVB exposure., Sano T, Kume T, Fujimura T et al., Arch.Dermatol.Res., Vol.301, No.3, p227-37. (2009)
  • 4. Keratin alterations could be an early event of wrinkle formation., Sano T, Kume T, Fujimura T, Kawada H, et.al., J. Dermatol. Sci. Vol. 53, No 1, p77-9. (2009)
  • 5. Structure and rheology of a self-standing nanoemulsion., Iwai H, Sano T, Shibayama, Langmuir, 26, No. 4, p2430-37 (2010)
  • 6. Relationship between the echogenicity of subcutaneous tissue and the depth of eye corner wrinkles., Tsukahara K, Osanai O, Hotta M, Sano T, et al, Skin Res. Technol. 17, No. 1, p359-65 (2011)
  • 7. Relationship between the echogenicity of subcutaneous tissue and the depth of forehead wrinkles., Tsukahara K, Osanai O, Hotta M, Sano T, Kitahara T, Takema Y, Tsujimoto F., Skin Res. Technol. 17, No. 3, p353-358 (2011)
  • 8. Evaluation of photoaging in facial skin by multiphoton laser scanning microscopy., Sugata K, Osanai O, Sano T, Takema Y., Skin Res. Technol., 17, No. 1, p1-3. (2011)
  • 9. Evaluation of unique elastic aggregates (elastic globes) in normal facial skin by multiphoton laser scanning tomography., Sugata K, Osanai O, Sano T, Akiyama M, Fujimoto N, Tajima S, Takema Y., European Journal of Dermatology, 25, No. 2, p138-44 (2015)
  • 10. Evaluation of a Silicone Membrane as an Alternative to Human Skin for Determining Skin Permeation Parameters of Chemical Compounds., Uchida T, Yakumaru M, Nishioka K, Higashi Y, Sano T, Todo H, Sugibayashi K., Chem. Pharm. Bull., 64 No. 9, p1338-46 (2016)
  • 11. Effect of Esters on the Permeation of Chemicals with Different Polarities through Synthetic Artificial Membranes Using a High-Throughput Diffusion Cell Array., Uchida T, Nishioka K, Motoki A, Yakumaru M, Sano T, Todo H, Sugibayashi K., Chem. Pharm. Bull., 64, No.11, p1597-606 (2016)
所属学会等
  • 日本薬学会
  • 日本薬剤学会
  • 日本DDS学会
  • 日本香粧品学会
  • 日本化粧品技術者会
講演
  • 「長期UVB照射によるケラチン発現の変化」日本光老化研究会 2009年 第10回日本光老化研究会 シンポジウム『光老化研究の最新の進歩』大阪 
  • 「疑似細胞間脂質を用いたエマルションの角層への分配」日本薬剤学会 2009年 日本薬剤学会 経皮投与FGミニシンポジューム  東京
  • 「ナノエマルションの生成と相互作用の研究 化粧品への応用をめざして 」SPING 8へルスケア研究会 2011年 第12回SPING 8 へルスケア研究会 東京
  • 「セラミド類縁化合物の化粧品製剤化技術とその応用」薬剤学会 2012年 第四回経皮FGシンジューム 東京
  • 「セラミド類似物質を応用した製剤とその皮内動態」 日本薬学会2 2015年 日本薬学会2015年会シンポジウム 神戸学院大学
主な解説・記事

1.「ナノエマルションの生成技術とその応用」 佐野友彦 『日本香粧品学会誌』 日本香粧品学会 Vol.29, No.3, p221-224 (2005)
2.「細胞間脂質に着目した化粧品の開発」佐野友彦,岡田譲二,福田啓一 『膜 Membrance』日本膜学会 Vol.31, No.5. p 284-286 (2006)
3.「最近の製剤・処方技術の進歩」 佐野友彦 『フレグランスジャーナル』フレグランスジャーナル社 Vol. 9, p44-52 (2006)
4.「シート状製剤及び、マッサージを併用したパック製剤の開発」 佐野友彦『フレグランスジャーナル』フレグランスジャーナル社 Vol. 6, p 85-88 (2007)
5.「高濃度ナノエマルションの生成とスキンケアへの応用」佐野友彦 Cosmetic Stage 』 技術情報協会 2月号 p 32-36 (2014)

TOP