教員一覧

教員詳細

山田 秀俊 (やまだ ひでとし)

山田 秀俊

役職:講師、博士(再生医科学)

主な研究と活動

「ヒトはどのようにしたら、健康に長生きできるだろうか?」 これが私の研究テーマです。健康で長生きする方法について考えるため、三大栄養素の一つである脂質に着目し「脂質の生理機能と作用メカニズム」の研究に取り組んでいます。毎日ほとんど意識することなく摂取している脂質ですが、多様な分子が存在し、幅広い生命現象に関わっています。未だ知られていない脂質の働きについて研究することで、細胞や個体が正常に機能するメカニズムを解明し、健康で長生きする方法の開発に役立てていきたいと考えています。

キーワード EPA、DHA、8-HEPE、オキアミ、リポキシゲナーゼ
専門分野 農芸化学、脂質生化学
主な研究対象

哺乳動物細胞、オキアミ成分と遺伝子

卒業年月
  • 2008年 3月 鳥取大学大学院・医学系研究科・博士後期課程 修了
学歴・経歴
  • 2020年  4月 帝京科学大学・生命環境学部・生命科学科 講師
  • 2015年  4月 (公財)岩手生物工学研究センター・生物資源研究部・主任研究員
  • 2009年  10月 (公財)岩手生物工学研究センター・生物資源研究部・研究員
  • 2008年  10月 東北大学大学院・医学系研究科・助手
  • 2008年  4月 東北大学大学院・医学系研究科・博士研究員
主な論文
  • Saito M, Ishida N, Yamada H, Ibi M, Hirose M*. 8-HEPE-concentrated materials from Pacific krill improve plasma cholesterol levels and hepatic steatosis in high cholesterol diet-fed low-density lipoprotein (LDL) receptor-deficient mice. Biol Pharm Bull. 2020 in press.
  • Yamada H*., Kumagai K., Uemura A. and Yuki S. Euphausia pacifica as a source of 8(R)-hydroxy-eicosapentaenoic acid (8R-HEPE), 8(R)-hydroxy-eicosatetraenoic acid (8R-HETE) and 10(R)-hydroxy-docosahexaenoic acid (10R-HDHA). Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 84: 455-462 (2020)
  • Yamada H. *, Hakozaki M., Uemura A., and Yamashita T. Effect of fatty acids on melanogenesis and tumor cell growth in melanoma cells. Journal of Lipid Research. 60: 1491-1502 (2019)
  • Uchida T., Koshino H., Abe J., Hakozaki M., Yamada H., and Kimura KI*. Isolation of yeast Ca2+ signal transduction inhibitors from the Early Cretaceous Burmese amber. Fitoterapia. 34: 422-428 (2019)
  • Yamada H.*, Hakozaki M., Shiraishi A., Kumagai K., Ido A. and Tsurumi K. Changes in lipids during the ovary maturation process of Balanus rostratus. Zoological Science. 36: 182-188 (2019)
  • Takahashi H.*, Kikuchi-Fujisaki S., Yoshida C., Yamada H., Yamashita T., Konno N., and Takeda T. Gtgen3A, a novel plant GH3 β-glucosidase, modulates gentio-oligosaccharide metabolism in Gentiana. Biochem. J. 475: 1309-1322 (2018)
  • Nagahora N.*, Yamada H., Kikuchi S., Hakozaki M. and Yano A. Nrf2 Activation by 5-lipoxygenase Metabolites in Human Umbilical Vascular Endothelial Cells. Nutrients. 9: 1001 (2017)
  • Hosogane M., Bosu L., Fukumoto E., Yamada H., Sato S., and Nakayama K. Geminin is an indispensable inhibitor of Cdt1 in mouse embryonic stem cells. Genes Cells. 22: 360-375 (2017)
  • Yamada H.*, Yamazaki Y., Koike S., Hakozaki M., Nagahora N., Yuki S., Yano A., Tsurumi K., and Okumura T. Lipids, fatty acids and hydroxyfatty acids of Euphausia pacifica. Scientific Reports. 7: 9944 (2017)
  • Yamada H.*, Kikuchi S., Hakozaki M. Motodate K., Nagahora N. and Hirose M. 8-Hydroxyeicosapentaenoic Acid Decreases Plasma and Hepatic Triglycerides via Activation of Peroxisome Proliferator-Activated Receptor Alpha in High-Fat Diet-Induced Obese Mice. Journal of Lipids. 7498508 (2016)
  • Yamada H.*, Kikuchi S., Inui T., Takahashi H., and Kimura KI. Gentiolactone, a secoiridoid dilactone from Gentiana triflora, inhibits TNF-a, iNOS and Cox-2 mRNA expression and blocks NF-κB promoter activity in murine macrophages. PLoS ONE. 9: e113834 (2014)
  • Yamada H.*, Oshiro E., Kikuchi S., Hakozaki M., Takahashi H., and Kimura KI. Hydroxyeicosapentaenoic acids from the Pacific krill show high ligand activities for PPARs. Journal of Lipid Research. 55: 895-904 (2014)
  • Yano A.*, Abe A., Aizewa F., Yamada H., Minami K., Matsui M., and Kishi M. The Effect of Eating Sea Cucumber Jelly on Candida Load in the Oral Cavity of Elderly Individuals in a Nursing Home. Mar. Drugs. 11: 4993-5007 (2013)
  • Takahashi H.*, Yamada H., Yoshida C., and Imamura T. Modification of light quality improves the growth and medicinal quality of clonal plantlets derived from the herbal plant Gentiana. Plant Biotechnology. 29: 1-4 (2012)
  • Sadzuka Y.*, Sugiyama I., Miyashita M., Ueda T., Kikuchi S., Oshiro E., Yano A., and Yamada H. Beneficial effects by intake of Euphausiacea pacifica on high-fat diet-induced obesity. Biol. Pharm. Bull. 35: 568-572 (2012)
  • Yamada H.*, Ueda T., and Yano A. Water-Soluble Extract of Pacific Krill Prevents Triglyceride Accumulation in Adipocytes by Suppressing PPARγ and C/EBPα Expression. PLoS ONE. 6: e21952 (2011)
  • Inoue T., Nakayama Y., Yamada H., Li YC., Yamaguchi S., Osaki M., Kurimasa A., Hiratsuka M., Katoh M., and Oshimura M*. SIRT2 downregulation confers resistance to microtubule inhibitors by prolonging chronic mitotic arrest. Cell Cycle. 8:1 279-91 (2009)
  • Yamada H., Li YC., Nishikawa M., Oshimura M., and Inoue T*. Introduction of a CD40L genomic fragment via a human artificial chromosome vector permits cell-type-specific gene expression and induces immunoglobulin secretion. Journal of Human Genetics. 53: 447-53 (2008)
  • Inoue T., Hiratsuka M., Osaki M., Yamada H., Kishimoto I., Yamaguchi S., Nakano S., Katoh M., Ito H., and Oshimura M*. SIRT2, a tubulin deacetylase, acts to block the entry to chromosome condensation in response to mitotic stress. Oncogene. 26: 945-57 (2007)
  • Kawahara M., Inoue T., Ren X., Sogo T., Yamada H., Katoh M., Ueda H., Oshimura M., and Nagamune T*. Antigen-mediated growth control of hybridoma cells via a human artificial chromosome. Biochim Biophys Acta. 1770: 206-12 (2007)
  • Yamada H., Kunisato A., Kawahara M., Tahimic CG., Ren X., Ueda H., Nagamune T., Katoh M., Inoue T., Nishikawa M., and Oshimura M*. Exogenous gene expression and growth regulation of hematopoietic cells via a novel human artificial chromosome. Journal of Human Genetics. 51: 147-50 (2006)
所属学会等
  • 日本農芸化学会
  • 日本脂質生化学会
主な学会発表
  • 発表者:○山田秀俊、植村亜衣子 題名:DHAによるメラノーマ細胞増殖抑制メカニズムの解明 学会名:日本脂質成果学会2020年度大会 発表番号:1-02
  • 発表者:○山田秀俊、熊谷加奈子、植村亜衣子、結城彩花 題名:8R-ヒドロキシエイコサペンタエン酸(8R-HEPE)、8R-ヒドロキシエイコサテトラエン酸(8R-HETE)、10R-ヒドロキシドコサヘキサエン酸(10R-HDHA)供給源としてのツノナシオキアミ活用 学会名:日本農芸化学会2020年度大会 発表番号:3A03p10
  • 発表者:○結城彩花、植村亜衣子、箱崎真友佳、矢野明、馬場直道、三澤嘉久、安部真人、山田秀俊 題名:新規8R-リポキシゲナーゼ同定とプロテクチンD1酵素合成への応用 学会名:日本農芸化学会2020年度大会
  • 発表者:○山田秀俊、植村亜衣子、箱崎真友佳 題名:DHAによるRACK1-PKC相互作用抑制 学会名:日本農芸化学会2019年度大会 発表番号:4E4a06
  • 発表者:○Yamada H, Hakozaki M, Uemura A, Yamashita T. 題名:The mechanisms of anti-melanogenesis and anti-tumor effects of EPA and DHA 学会名:59th International Conference on the Bioscience of Lipids (ICBL) Abstract Number: 55 場所:Helsinki, Finland. 4 - 7 September, 2018.
  • 発表者:○山田秀俊、箱崎真友佳、白石朗子、山下哲郎 題名:EPA・DHAによるメラニン合成抑制およびメラノーマ増殖抑制の分子メカニズム解析 学会名:日本脂質生化学会 2018年度大会 発表番号:2-07
  • 発表者:○山田秀俊、熊谷加奈子、白石朗子、四戸啓太郎、矢野明 題名:イサダ由来新規機能性成分8-HEPE濃縮素材の開発 学会名:日本農芸化学会 2018年度大会 発表番号:3B03p06
  • 発表者:○結城彩香、植村亜衣子、松村英夫、矢野明、山田秀俊 題名:イサダからのリポキシゲナーゼ同定と8-HEPEの酵素的生産への利用 学会名:日本農芸化学会 2018年度大会 発表番号:3B03p07
  • 発表者:○箱崎真友佳、山下哲郎、山田秀俊 題名:EPA・DHAによるメラニン合成抑制およびメラノーマ細胞腫瘍増殖抑制機構の解明 学会名:日本農芸化学会 2018年度大会 発表番号:3A15p01
  • 発表者:○山田秀俊、箱崎真友佳、山崎裕也、小池誠司 題名:イサダ(ツノナシオキアミ)の脂質解析 学会名:日本農芸化学会 2017年度大会 発表番号:4C13a01
  • 発表者:○Yamada H, Hakozaki M, Motodate K, Nagahora N, Hirose M. 題名:8-Hydroxyeicosapentaenoic acid (8-HEPE) decreases plasma and hepatic triglycerides in high fat diet-induced obese mice 学会名:International Society for the Study of Fatty Acids and Lipids (ISSFAL 2016) Abstract Number: 109 場所:Stellenbosch univercity, South Africa. 5 - 9 September, 2016.
  • 発表者:○山田秀俊、箱崎真友佳 題名:DHAによるメラノーマ細胞増殖抑制 学会名:日本農芸化学会 2016年度大会 発表番号:2B069
  • 発表者:○箱崎真友佳、山下哲郎、山田秀俊 題名:脂肪酸によるメラニン合成制御機構の解明 学会名:日本農芸化学会 2016年度大会 発表番号:2B070
  • 発表者:○長洞 希、箱崎 真友佳、平田 優紀、白石 朗子、山田 秀俊 題名:5-リポキシゲナーゼ代謝産物によるNrf2活性化機構 学会名:日本農芸化学会 2016年度大会 発表番号:3B067
  • 発表者:○山田秀俊、山崎裕也、小池誠治、箱崎真友佳、岩間裕文、長洞希、矢野明 題名:ツノナシオキアミ脂質の特徴と生理作用 学会名:日本甲殻類学会第53回大会 発表番号:O18
  • 発表者:○山田秀俊、菊地明香、高橋秀行、乾 朋樹、木村賢一 題名:リンドウ由来のgentiolactoneによる抗炎症作用 学会名:日本農芸化学会2015年度東北支部大会 発表者:○山田秀俊、菊地明香、箱崎真友佳、本舘香織、長洞希、弘瀬雅教 題名:オキアミ由来の8-ヒドロキシエイコサペンタエン酸(8-HEPE)による抗肥満作用 学会名:日本農芸化学会 2015年度大会 発表番号:3F37A08
学会発表(国内学会)
  • 発表者:○山田秀俊、植村亜衣子 題名:DHAによるメラノーマ細胞増殖抑制メカニズムの解明 学会名:日本脂質成果学会2020年度大会 発表番号:1-02
  • 発表者:○山田秀俊、熊谷加奈子、植村亜衣子、結城彩花 題名:8R-ヒドロキシエイコサペンタエン酸(8R-HEPE)、8R-ヒドロキシエイコサテトラエン酸(8R-HETE)、10R-ヒドロキシドコサヘキサエン酸(10R-HDHA)供給源としてのツノナシオキアミ活用 学会名:日本農芸化学会2020年度大会 発表番号:3A03p10
  • 発表者:○結城彩花、植村亜衣子、箱崎真友佳、矢野明、馬場直道、三澤嘉久、安部真人、山田秀俊 題名:新規8R-リポキシゲナーゼ同定とプロテクチンD1酵素合成への応用 学会名:日本農芸化学会2020年度大会
  • 発表者:○山田秀俊、植村亜衣子、箱崎真友佳 題名:DHAによるRACK1-PKC相互作用抑制 学会名:日本農芸化学会2019年度大会 発表番号:4E4a06
  • 発表者:○山田秀俊、箱崎真友佳、白石朗子、山下哲郎 題名:EPA・DHAによるメラニン合成抑制およびメラノーマ増殖抑制の分子メカニズム解析 学会名:日本脂質生化学会 2018年度大会 発表番号:2-07
  • 発表者:○山田秀俊、熊谷加奈子、白石朗子、四戸啓太郎、矢野明 題名:イサダ由来新規機能性成分8-HEPE濃縮素材の開発 学会名:日本農芸化学会 2018年度大会 発表番号:3B03p06
  • 発表者:○結城彩香、植村亜衣子、松村英夫、矢野明、山田秀俊 題名:イサダからのリポキシゲナーゼ同定と8-HEPEの酵素的生産への利用 学会名:日本農芸化学会 2018年度大会 発表番号:3B03p07
  • 発表者:○箱崎真友佳、山下哲郎、山田秀俊 題名:EPA・DHAによるメラニン合成抑制およびメラノーマ細胞腫瘍増殖抑制機構の解明 学会名:日本農芸化学会 2018年度大会 発表番号:3A15p01
  • 発表者:○山田秀俊、箱崎真友佳、山崎裕也、小池誠司 題名:イサダ(ツノナシオキアミ)の脂質解析 学会名:日本農芸化学会 2017年度大会 発表番号:4C13a01
  • 発表者:○山田秀俊、箱崎真友佳 題名:DHAによるメラノーマ細胞増殖抑制 学会名:日本農芸化学会 2016年度大会 発表番号:2B069
  • 発表者:○箱崎真友佳、山下哲郎、山田秀俊 題名:脂肪酸によるメラニン合成制御機構の解明 学会名:日本農芸化学会 2016年度大会 発表番号:2B070
  • 発表者:○長洞 希、箱崎 真友佳、平田 優紀、白石 朗子、山田 秀俊 題名:5-リポキシゲナーゼ代謝産物によるNrf2活性化機構 学会名:日本農芸化学会 2016年度大会 発表番号:3B067
  • 発表者:○山田秀俊、山崎裕也、小池誠治、箱崎真友佳、岩間裕文、長洞希、矢野明 題名:ツノナシオキアミ脂質の特徴と生理作用 学会名:日本甲殻類学会第53回大会 発表番号:O18
  • 発表者:○山田秀俊、菊地明香、高橋秀行、乾 朋樹、木村賢一 題名:リンドウ由来のgentiolactoneによる抗炎症作用 学会名:日本農芸化学会2015年度東北支部大会
  • 発表者:○山田秀俊、菊地明香、箱崎真友佳、本舘香織、長洞希、弘瀬雅教題名:オキアミ由来の8-ヒドロキシエイコサペンタエン酸(8-HEPE)による抗肥満作用 学会名:日本農芸化学会 2015年度大会発表番号:3F37A08
  • 発表者:○山田秀俊、菊地明香、箱崎真由佳、高橋秀行、木村賢一 題名:オキアミ由来の8-ヒドロキシエイコサペンタエン酸(8-HEPE)による脂質代謝制御 学会名:2014年マリンバイオテクノロジー学会大会 発表番号:1-E-2
  • 発表者:○山田秀俊、菊地明香、箱崎真由佳、高橋秀行、木村賢一 題名:エイコサペンタエン酸8位および9位炭素への水酸基導入はペルオキシソーム増殖因子活性化受容体に対するリガンド活性を増強する 学会名:2014年日本農芸化学会 発表番号:2B05a16
  • 発表者:○金野 尚武、渡辺 千尋、山田 秀俊、高橋 秀行、坂本 裕一、羽生 直人 題名:きのこ類β-グルカナーゼによる昆布ラミナリン分解物の免疫賦活機能 学会名:2014年日本農芸化学会 発表番号:3D02a13
  • 発表者:○山田秀俊、菊地明香、大城恵利子、吉田健太郎、矢野明 題名:次世代シークエンサーを用いたSuperSAGE法による食品機能解析 学会名:2012年日本農芸化学会 発表番号:4J11a11
  • 発表者:佐塚泰之、◯杉山育美、宮下宙子、山田秀俊、菊地明香、矢野明 題名:イサダ摂取によるメタボリックシンドローム予防の可能性 学会名:第65回 日本栄養・食糧学会大会 発表番号:3N-05p
  • 発表者:○矢野明、菊池明香、山田秀俊 題名:シイタケ抽出成分によるミュータンス連鎖球菌のバイオフィルム形成阻害機構の解析 学会名:2011年日本農芸化学会 発表番号:3J17p01
  • 発表者:○山田秀俊、上田智広、杉山育美、宮下宙子、菊池明香、佐塚泰之、矢野明 題名:ツノナシオキアミ水溶性抽出物による脂肪細胞分化の抑制 学会名:2011年日本農芸化学会 発表番号:2J13a15
  • 発表者:○中野星児、山田秀俊、村井寛子、佐竹正延、中山啓子 題名:T-cell differentiation and proliferation in Geminin gene-deleted mouse 学会名:第32回日本分子生物学会年会 ポスター番号:3P-0459
  • 発表者:○山田秀俊、中山啓子 題名:Gemininはmouse Embryonic Stem cellにおけるDNA複製と遺伝子発現を制御する 学会名:第6回東北バイオサイエンスシンポジウム ポスター番号:PS-13
  • 発表者:○山田秀俊、中山啓子 題名:ES細胞におけるGemininの発現消失はPolyploidとTrophectoderm分化を誘導する 学会名:第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 ポスター番号:4P-1430
  • 発表者:○山田秀俊、國里篤志、西川光朗、押村光雄、井上敏昭 題名:ヒト人工染色体ベクターを用いたCD40Lゲノム導入による細胞特異的遺伝子発現および immunoglobulin分泌誘導 学会名:第7回日本再生医療学会総会 ポスター番号:P50
  • 発表者:○山田秀俊、國里篤志、西川光郎、押村光雄 題名:ヒト人工染色体ベクターを用いた遺伝子治療を目指して:ヒト造血細胞における導入遺伝子発現及び増殖制御 学会名:第3回幹細胞シンポジウム ポスター番号:60
  • 発表者:○沖田 千芽、加藤 基伸、山田 秀俊、白吉 安昭、押村 光雄 題名:新規HACベクター系の構築:マウスES細胞における継代培養およびin vitro分化誘導時の安定性 学会名:第26回日本分子生物学会 ポスター番号:4PC-009
  • 発表者:○山田 秀俊、門田 満隆、押村 光雄、白吉 安昭 題名:神経幹細胞におけるアポトーシス関連遺伝子の網羅的解析 学会名:第26回日本分子生物学会 ポスター番号:2PC-131
  • 発表者:○辻井 仁美、山田 秀俊、吉江 幸司、押村 光雄、白吉 安昭 題名:Notch4応答シスエレメントによるNotch4遺伝子の転写制御機構 学会名:日本発生生物学会第36回大会 ポスター番号:1P-027
学会発表(国際学会)
  • 発表者:○Yamada H, Hakozaki M, Uemura A, Yamashita T. 題名:The mechanisms of anti-melanogenesis and anti-tumor effects of EPA and DHA 学会名:59th International Conference on the Bioscience of Lipids (ICBL) Abstract Number: 55 場所:Helsinki, Finland. 4 - 7 September, 2018.
  • 発表者:○Yamada H, Hakozaki M, Motodate K, Nagahora N, Hirose M 題名:8-Hydroxyeicosapentaenoic acid (8-HEPE) decreases plasma and hepatic triglycerides in high fat diet-induced obese mice 学会名:International Society for the Study of Fatty Acids and Lipids (ISSFAL 2016) Abstract Number: 109 場所:Stellenbosch univercity, South Africa. 5 - 9 September, 2016.
  • 発表者:○Yamada H, Oshiro E, Kikuchi S, Hakozaki M, Takahashi H, Kimura KI. 題名:Hydroxylation of eicosapentaeic acid at the C-8 or C-9 position increases ligand activity for PPARs. 学会名:International Society for the Study of Fatty Acids and Lipids (ISSFAL 2014) Abstract Number: M1.01. 場所:Stockholm, Sweeden . June 28 – July 3, 2014
  • 発表者:○Yamada H, Kunisato A, Nishikawa M, Oshimura M 題名:A model for gene-modified cell therapies: Exogenous gene expression and growth regulation of hematopoietic cells via human artificial chromosomes.
  • 学会名:International Society for Stem Cell Research 3rd Annual Meeting Abstract Number: 616. 場所:San Francisco, California USA. June 23-25, 2005
講演
  • 健康博覧会 主催者セミナー 開催日時:2019年1月25日 開催場所:東京ビックサイト(東京都) 演題名:三陸産イサダからの機能性素材開発 
  • 脳心血管抗加齢研究会2018 開催日時:2018年12月14日 開催場所:梅田スカイビル(大阪府) 演題名:イサダからの新規機能性成分:8-HEPE同定と実用化に向けた取り組み
  • 質量分析東北セミナー 開催日時:2018年8月10日 開催場所:東北大学大学院薬学研究科(仙台) 演題名:農林水産物を対象とした天然物科学研究における質量分析装置の活用
  • 第5回クリルオイル研究会 開催日時:2018年7月25日 開催場所:東京ビックサイト(東京都) 演題名:イサダ(ツノナシオキアミ)からの新規肥満抑制物質8-HEPEの同定と実用化に向けた取り組み
  • フジツボ夜話 開催日時:2017年9月30日 開催場所:八戸ポータルミュージアムはっち(八戸市) 演題名:健康食材としてのミネフジツボ~ミネフジツボの健康増進パワー!
  • 第29回 水産油脂技術懇話会 開催日時:2017年6月20日 開催場所:日本水産油脂協会(東京都渋谷区) 演題名:イサダ(ツノナシオキアミ)からの新規肥満抑制物質8-HEPEの同定と実用化に向けた取り組み
  • 第5回 オメガ3脂肪酸研究会 開催日時:2017年5月31日 開催場所:ホテルメトロポリタン盛岡(盛岡市) 演題名:三陸産イサダ(ツノナシオキアミ)脂質の機能と活用 
  • 第7回東北地域「食と健康」セミナー 開催日時:2014年7月15日 開催場所:仙台ビジネスホテルURL(仙台市) 演題名:イサダ成分の機能性(8-HEPE)
  • 第9回未利用資源活用研究会&第15回土作り研究会 開催日時:2014年3月10日 開催場所:岩手大学地域連携センター・コラボMIU(盛岡市) 演題名:イサダの高付加価値化と機能性食品開発
  • 平成23年 イサダ食用化等研究会 開催日時:2011年3月11日 開催場所:大船渡市場(大船渡市) 演題名:イサダ(ツノナシオキアミ)の抗肥満効果
受賞歴
  • 2019年 11月 日本農芸化学会東北支部奨励賞
  • 2016年 10月 第12回 若手農林水産研究者表彰 農林水産技術会議 会長賞
  • 2016年 5月 第2回 鳥取大学医学部生命科学科奨励賞(社会貢献)
  • 2014年12月 岩手県三陸海域研究知事賞(一般の部)
TOP