医療福祉学科

Department of Medical Welfare

医療福祉学科
(千住キャンパス)

地域の福祉を支える、幅広い視野を養う

変わり続ける地域社会で必要とされる実践力と、地域の福祉を支える幅広い知識を学ぶことができます。
社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士の国家資格を取得するためのサポートが充実しており、実践現場で役立つ経験知と専門知識の両方を身に付けます。なかでもキャリアデザインに役立つカリキュラムが特長で、あなたらしい資格の活かし方を応援します。

イメージ

3つの特色 Features

Point 1

特色1

グローバル化する地域社会を支える専門職養成

急速に変化する地域社会の実態にふれるゼミナール、科目群を用意。国際的な視野を身に付けながら、地域で必要とされる実践を学びます。

Point 2

特色2

キャリアデザインと国家資格の支援

現場で活躍する福祉専門職による講義、実習・演習科目、国家試験対策講座などによって、具体的なキャリア形成を行います。

Point 3

特色3

リカレント教育の充実と対人援助のスキルを磨く

編入生、留学生にも対応したカリキュラムを整備。基礎教育を徹底し、対人援助の現場に出てからも学び続けて、キャリアアップをめざします。

学科長あいさつ Voice

「いま」に向き合う


学科長・教授
山田 健司

いま世界中で、大変な困難とチャレンジが繰り広げられています。それは生命を救うということだけではなく、人間の生存システムつまり社会経済の仕組みや営み方そのものの危機という困難であり、従来の人間社会のパラダイム(物の見方や考え方、そして仕組み)を本当に転換しかなければならない、というチャレンジを意味しています。医療福祉学科は、この時代において人の生活の土壌と根っこの部分を「医療と福祉の領域で護る」ことに腕が立つ権利擁護のプロを養成する学科です。

学科のとり組み

学科では、数種類にわたる国家資格取得へのプログラムを用意しています。ただ資格取得だけが大学の本分ではなく、広く世界に目を向けた教養を身に付け、地域の生活者の実態に向き合う勇気と胆力を育むカリキュラムを組んでいます。
医療福祉は、臨床の現場つまり地域や病院で、医療と福祉の専門性を活かして生活を支える、という知識や技術を意味します。具体的には、医療や精神保健にかかわるソーシャルワーク、コミュニティソーシャルワーク、介護などがあります。

いま社会の中で、みずからの生活と権利を共に護り力づけてくれる専門職を待っている人々が増えつづけています。その方々に応える、ということを胸に、学科の門をくぐって来られる方を待っています。

  • 学部紹介MOVIE 医療科学部
  • NEXTオープンキャンパス
  • TEIKAジャーナル
  • HELPMAN
TOP