教員一覧

教員詳細

赤羽根 直樹 (あかばね なおき)

赤羽根 直樹

役職:教授

主な研究と活動

1. 教師の構造的言語活動が子どもの授業評価に及ぼす影響
2. 子どもにとってより適切で切実な学習課題の引き出し方
3. 運動学の知見を生かした教材作りと授業設計
4. 体育授業が学級の雰囲気に及ぼす影響

キーワード 教師の言語活動、教材、学級づくりと体育
専門分野 体育科教育学
主な研究対象

小中学生、小中学校教員

主な研究課題
  • 教師の構造的言語活動が子どもの授業評価に及ぼす影響
  • 子どもにとってより適切で切実な学習課題の引き出し方
  • 運動学の知見を生かした教材作りと授業設計
  • 体育授業が学級の雰囲気に及ぼす影響
担当科目 体育Ⅰ・Ⅱ、初等科教育法(体育)、教職実践演習
研究室番号 51-01
学位
  • 教育学学士
免許・資格
  • 中学校教諭一種(保健体育)、高等学校教諭一種(保健体育)、
  • 小学校教諭二種
  • 中学校教諭二種(国語)
学歴・経歴
  • 信州大学教育学部卒業
  • 長野県小中学校教諭
  • 筑波大学大学院体育研究科研究生
  • 長野県教育委員会佐久教育事務所指導主事
  • 長野県公立小中学校 教頭
  • 長野県公立中学校 校長
  • 園田学園女子大学人間健康学部総合健康学科 教授  
  • 帝京科学大学こども学部児童教育学科 教授
主な著書
  • 「日本教材事典」、共著、日本教材学会編、東京堂出版、pp.380-381、pp.394-395、2013年
  • 「体育学習の進め方」新学習指導要領準拠「体育学習の手引き」長野県版(学習研究社)分担執筆、2010年
  • 「体育授業を観察評価する」-授業改善のためのオーセンティックアセスメント-共著、明和出版、pp.129‐132、2003年
  • 書評「子どもの体と心が弾む体育科の授業と評価(1年~6年)体育科教育、大修館書店、p.61、2002年
  • 「21世紀と体育・スポーツ科学の発展」~日本体育学会第50回記念大会誌~共著、杏林書院、pp.116‐129、2000年
  • 「これは簡単!器械運動」 共著、学事出版、pp.58‐69、1998年
  • 「中学校体育実践指導全集」、共著、日本教育図書センター、pp.178~186、1992年
主な論文
  • 赤羽根直樹、小池守、杉本信、平野英史「図工科・体育科の教科横断型教材に関する基礎的研究-小学校学習指導要領に注目して-」帝京科学大学教職指導研究、第2巻、第2号 (2017.3)
  • 竹内隆司、菅沼太郎、赤羽根直樹「シンクロ水泳授業における泳力向上の促進効果について」、帝京科学大学教職指導研究、第2巻、第2号 (2017.3)
  • 赤羽根直樹、宮崎英夫、小池守、河崎雅人「中学校における不登校の発生要因の解明に関する実践的研究-不登校を未然に防ぐために-」帝京科学大学教職指導研究、第1巻、第1号 (2016.3)
  • 北徹朗、橋口剛夫、小池守、赤羽根直樹、山本唯博、吉原紳「子どもの体力向上を目指した教具の開発と評価」臨床スポーツ医学、第29巻、第2号 (2012.2)
  • 赤羽根直樹、黒岩奈穂子、荻原朋子、高橋健夫「投能力向上をめざしたターゲット型教材の開発とその有効性について」スポーツ教育学研究、28(1)、25-34、日本スポーツ教育学会 (2009.3)
所属学会等
  • 日本体育学会
  • 日本スポーツ教育学会
  • 日本教材学会
  • 日本生徒指導学会
主な学会発表
  • 日本・中国・韓国・台湾学校体育研究会 テーマ「楽しい体育論と実践的課題」 (北京体育学院) 1990
  • 日本体育学会第50回記念大会公開シンポジウム「スポーツの技術指導を考える」 シンポジスト(東京大学) 1999
  • 日本体育学会長野支部会発表(信州大学教育学部)テーマ 「多様な授業研究を可能にする情報提供の場を」 2002
  • 第25回日本スポーツ教育学会記念国際大会(筑波大学)テーマ「集団跳び箱の教材価値についての実践的研究」 2005
  • 第27回日本スポーツ教育学会公開シンポジウム「学習指導要領改訂の方向性と体育授業改善への課題」 シンポジスト(信州大学教育学部) 2007
その他の活動
  • 長野県上小地区体育学習研究会講師(2015年~)
  • 長野県学校体育研究会上小大会講師(2017年10月)
  • 長野市体育学習研究会講師(2007年~現在)